2018年02月19日

能と翁

住吉大社の「すみよし反橋能」へ
行ってきました。
 
演目は『翁』と半能『白楽天』。
どちらも住吉明神が主人公です。
 
 
敬愛する住吉明神さまに、
ついにまみえた感動で今でも胸がいっぱい。
 
 
『翁』では
住吉大社所蔵の翁面をつける儀式そのものが
舞台上で行われ
 
面をつけたその瞬間、
演者に住吉明神が宿るその様に涙がこぼれ
 
 
『白楽天』では
日本支配を目論んでやってきた中国の白楽天を
小舟の釣り人に扮して現われた住吉明神が
穏やかにも力強く
「和歌」の力で追い払う姿に胸が熱くなりました。
  
 
和歌の神、言靈の神、住吉明神。
 
能の世界ではこのように大切に描かれていたことに
感動したのでした。
 
 
 手風神風に 
 吹き戻されて唐船は 
 ここより漢土に帰りけり
  
 げにありがたや神と君 
 げにありがたや 
 神と君が代の
  
 動かぬ国ぞめでたき  
  
 動かぬ国ぞめでたき
 
 (『白楽天』より)
 
 
s_su.png


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

福の神

建国記念の日に、
街中でお財布を落としました・・・泣
 
しかもその日に限り訳あって
いつもより大きな額を入れていて。
 
青くなりながら大騒ぎをした挙句・・
 
途中駅の交番に届けられていたことが分かりました。
財布の中身も全くそのままに・・涙涙涙
 
「海外だったら100%、有り得ない」
「交番に届けるのは、日本人くらい」
 
海外生活の経験がある方々から言われました。
 
 
しかしお礼を伝えた拾い主の方は
 
「当たり前のことをしただけですから」
 
 
海外では「100%有り得ない」ことが
日本では「当たり前」なんだ・・
 
 
さらに振り返ればこの日、
騒動に関わってくださったすべての方々は
とても親身に丁寧に対応してくださり
まるで「福の神」のようだったのです。
 
 
そんな福の神たちが普通に暮らし、働いておられる
妙なる国、「日本」。
 
その貴さと有難さに、
改めてこころが震えた建国記念日となったのでした。
 
 
この国を守り続けてくださっている神さま
そしてご先祖さまへ
 
こころの底から
ありがとうございます。
 

s-5514592702_d6e5e0f142_b.jpg

 
● 次回は 2/25(日) 
「日本の言靈を味わうクラス」


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

「日本の言霊と言語造形」クラス

2月/25日(日)より
言語造形クラスがリニューアルします!

 
「言霊の幸(さきは)ふ国」、日本。
 
その言霊(ことたま)のエネルギーを
和歌や祝詞などの古典をとおして
心身でリアルに体感してゆくクラスです。


01.jpg

 
「日本の言霊」を
理解し、体感し、発してゆくことで
 
楽器としての心身は自ずと健やかになり
さらには空間を祓い清め
乱れた磁場を整える作用も起こってきます。
 
 
知識や情報など
外に答えを求めるだけでなく
 
体験や感覚から
内なる神性を引き出してゆくこと。
 
それは
 
日本人の精神と肉体を授かって生まれてきた
この「わたし」という存在を
根本から信頼してゆく道でもあるのでは
ないでしょうか。
 

DSC03461.jpg

 
まずは、丹生都比売神社に伝わる
『丹生大明神告門』に取り組んでみます。
 
“とてもパワフルな祝詞” といわれ
岡野玲子さんの漫画『陰陽師』にも登場します。
 

告門.jpg

 
またリニューアル第一回目には
言霊に詳しいセラピスト・もりやひろゆきさんを
ゲスト講師にお招きして
言霊やこの祝詞の理解を深めてゆきます。

是非、ご一緒にワクワクしながら
日本の豊かなことばの世界に潜ってみませんか♪
 

IMGP0936.JPG


日程:  毎月 第2土曜・第4日曜
     ※ 3月は第4も土曜日(3/24)
 
時間:  14時〜16時30分
 
場所:  ことばの家
     
講師:  諏訪千晴(言語造形家)
     
単発参加:  3,500円  
4回継続: 12,000円 (振替1回分付)
 
お申込: お問い合わせフォームより


★プロフィール: もりやひろゆきさん

27935641_2049875091962549_1158423007_n.jpg

~を体感するインナージャーニー「アムネジア」セラピーを主宰。十握劔の磐座でヒーリング能力を授かる。独自に言靈と縄文を調べて丹生都比売に縁のあるところで告門を奉納。musicと磐座と滝を愛するセラピスト♪
  
その他、インナーチャイルドセラピスト、ヒプノセラピスト、3歳から9歳までの限定プログラムを解除する王の帰還ファシリテーター、エンジェリング講座講師、オーラマスターコース修了
  

posted by 千晴 at 23:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ラストシーン

演劇「丹生都比売」の言語造形クラス。
 
ついに本日、
脚本を最後まで辿ることができました。
 
ラストシーンは
丹生都比売の一人語り。
 
生徒さんの美しくも深い声が
空間に淀みなく響き渡り
 
耳を澄ましていると
何度か胸がいっぱいになるような感覚が。
 
 
美しも
醜しも。
 
この地上におけるすべての体験を
豊かな喜びとして
全身で味わわせていただきました。
 
 
そして
 
 
「わたしは、今も、この国のすべての場所で
 待ち続けています」

 
 
この最後のことばが
大地にそっと置くように放たれ
余韻と間を感じていたとき・・
 
 
ふと丹生都比売さまがそっと
お隠れになってゆく気配が感じられたのです。
 
「いま、いらしたよね?感じたよね!?」と
思わず確かめ合って。^^
 
 
ことばの芸術空間には
神々の存在が確かに行き来されていることを
 
改めて認識させていただいたのでした。
 

IMGP0074.JPG

 
この脚本と演劇を創り
またクラス開講を促してくださった花岡攻事さん
 
クラスにご参加くださった皆さま
 
そして丹生都比売さまをはじめ、
見えない働きでこの半年間を支えてくださった方々に
 
こころの底より感謝いたします。
ありがとうございました。
 
 
そして次回、2/25(日)からは
新たなゲスト講師もお迎えして
 
『丹生大明神告門』というパワフルな祝詞に
取り組んでゆこうと考えております。
 
 
詳細はまた告知させていただきますので
どうぞお楽しみにね!(^_-)-☆

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

音を観る


 真っ白な雪のように
 濁りなきこころでなければ
 
 ほんとうの音は観えない
 ほんとうのことばは語れない

 濁りなきこころで
 耳を澄まして
 待つこと。
 
 そこからこそあなたは
 自らへの信頼を育むのでしょう


 
 
菊理姫。
 
 
聴こえないはずの音やことばを
 
聴きとることのできた方。
 
その称号として
 
この名を賜ったという。
 
 
もともとの名は白山姫。
 
雪のように真っ白な
 
御こころを持った方だったのかな・・


src_31768391.jpg


● 次回は 2/25(日) 
「丹生都比売・言語造形クラス」

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

水素とエビス

水素風呂」に出会って、
そろそろ二年が経ちます。
 
このシュワシュワのお湯に
全身をうずめる幸せ♡ (≧∇≦)
 
冬だけでなく真夏の暑い日さえも
本とお水を持ち込んで
毎晩ほぼ欠かさずに入っています♪
 
 
「水素」が人体にもたらす恩恵は
今では病院でも使われるほどに明らかに
なってきたけれど
 
わたしにとってはまずもって快感覚♡
(何も感じない人もいるみたいですが(^^ゞ)
 
疲れが取れて、温まり、眠りが深い氣がします。
 
また家族の体調のほうも
シミ、シワ、アレルギー、口・体臭など・・^^
 
まさしく「抗酸化」的な実感が深まっていて。
 
 
そんな至福の半身浴後の
さらに至福なビールタイムも健在です (#^.^#)
 
今宵は何やらやたらと美味しい
限定エビスとともにパチリ♪
 

CIMG3518-COLLAGE.jpg
 

水素風呂、やっぱり大好きだあ〜!(≧∇≦)
 
 
お手軽レンタルできます♪

 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

竜顔

今生でなぜか無性に惹きつけられた人たちって
みんな「竜っぽい顔」だったことに、
あるときふと氣が付いた。笑


27540055_1608538129226846_5604891964781701281_n.jpg

 
つまり細長い顔に、長めの眉や髭。
 
そしたらなんと天皇のお顔も
「竜顔」といわれるとのこと!わお!

なんだかびっくり&ゾクゾク〜!(≧∇≦)
 
竜顔の不思議・・
もしかして、懐かしかったのかな?^^;
 

● 次回は 2/10(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」

posted by 千晴 at 17:20 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

河内の社へ

節分の今日はどうしても
国常立尊にご挨拶がしたかったのです。
 
そこで河内長野の西代神社へ。


IMG_1066.JPG


なんと、ここにもご縁の深い神々が・・
 

IMG_1067.JPG


「鬼も内、福も内」
 
長いあいだ「鬼」として
封じられ続けてきた尊い神々が
いま再びこの星のために・・
 

IMG_1055.JPG


あとは境内でフリスビーごっこなども。^^;
家族でお参りで来てよかったな♪ 
 


● 次回は 2/10(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

思い出の扉

この扉を開けようとするたびに
ドキドキだったのです。
 
「ほんとうにお腹のこの子に
 まみえることができるのだろうか、、」と。
 
初めての妊娠。
思えばすべてがドキドキだったなあ・・
 
 
学級閉鎖で暇してる長女を伴い
どうしても今日行きたかった神社への道が
思いがけず閉ざされてしまった最寄駅・・
 
「皆既月食のせい?」なんて思いながらも
しばらく途方に暮れた後、
 
急遽決まった行き先は
堺の百舌鳥(もず)八幡と古墳群でした。
 
応神天皇との所縁もあるらしい
「御廟山古墳」を眺め、通り過ぎてから
 
ふと振り返ると・・・
 
 
なんとそこには、
長女の出産のために通った
懐かしの助産院があったのでした!! (◎o◎) !
 
じつに12年ぶり!
 
 
大阪に来て間もなかったあの頃
たまたまネットで見つけて決めた助産院。
 
今となってはどうして電車を乗り継いでまで
ここへ通ったのかが謎だったのです。^^;
 
 
「そうか、この古墳の隣を
 彼女自身が選んでいたんだ・・」
 
 
“ドキドキの扉” の横で
今ではわたしよりも大きくなった
長女の姿をパチリ。
 

IMG_1036.JPG


そしてその後は、おしゃれなカフェで
インテリアやお料理に一緒にときめいたり
神社や古墳を巡ったり・・・
  
思えばこんな体験を夢に見つつも
一方では自分のお腹から人が出てくるなんて
信じられないような感覚もあったなあ。。
  
なんだかあの12年前の
ドキドキでいっぱいだった自分への労いと
ご褒美をいただいたような一日となったのでした。
 
 
この地を選び
無事に生まれてきてくれたなっちゃん。
 
健やかに育ちながら、
毎日を共にしてくれてどうもありがとう!
 
 
そしてこんな一日をプレゼントしてくれた
今日の特別なお月さまに、どうもありがとう!
 

● 次回は 2/10(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

奇跡のとき

IMG_0986-COLLAGE.jpg


大切な地へ

大切な人と

導かれるとき
 
 
そのすべてがきっと

奇跡のとき
 
 
ありがとう
 
ありがとう
 


● 次回は 2/10(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする