2019年07月12日

舟の一族からの贈り物

今朝も「舟の一族」への熱い想いを
家族に語っていたら・・・(笑)
 
ピンポーン♪
 
なんと
いつも大海神社の月次祭を担っておられる
住吉大社の権禰宜さんが
 
自転車に乗って
こんな贈りものを届けてくださいました!
 

66580600_462727820953267_2061865506473771008_n.jpg


きゃあああ〜〜(≧∇≦)♡


66391979_474828806678818_5889874689513226240_n.jpg
 
 
なんて美しい舟の絵でしょう!! 
昨年いただいたのと一緒に撮ってみたよ♪
 
舟の一族のご先祖さま
今日も豊かな恵みをありがとうございます!
 

66400322_381831352453813_5776258197350252544_n.jpg
会報誌には神功皇后もいらっしゃいました♪


◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

あはひの空


64862567_2468646903155339_5726644474608615424_n.jpg


昨日のそら
住吉三神と神功皇后のあはひ


◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

響きと余韻

意味よりも

響きを


Ann4RuwYztQ-j2rFVTsB_Sch3dMXXHvOE1fQrqKLZG8eJxFPc.jpg

 
説明よりも

余韻を
 

ahfURY8WBGtkRWrpxCMuXGSEgEwpQ2ZH95VrUlok7NQeJxFPc.jpg


そんな舞台を

創造したい


65471501_729914777425119_3728973473486209024_n.jpg



◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 21:52 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耳を立てる


Screenshot_2019-07-10 陸にても 繋がりあへし ことの音は ひびき聴きとる.png


◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 21:50 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

アマカミのうたをうたう

次回のことのはクラスでは
 
兄アマテルカミの諭しのウタ(右)と
弟ソサノオの生まれ変わりである
ヤマトタケのウタ(左)に取り組んでみます。
 
 
CIMG9479.JPG


こうして古代日本の
しかもやむごとなき方々のウタを
 
実際に身体を使ってうたうこと。
 
その意味は
わたしたちが思っている以上に
重要なことなのかもしれません。
 
 
以下、
ことのは講師もりやさんからのメッセージです♪
 
---
  
古代のカミと今の~は違うと思います。
 
今は西洋や大陸の考えで
カミとヒトが分離しています。
 
 カミはヒトなり
 ヒトはカミなり
 
この景行天皇のコトハを
腹から理解する方が増えていったら
どんな日本になるでしょう?
 
 
国史編纂のために
妻の元へも帰らず都へと向かった
ヤマトタケの覚悟。
 
「タツとなり船守らん」と
夫を守るべく海へと飛び込んだ
オトタチバナヒメ。
 
 
オオヤケのために生きるヒトが増えて行ったら、
どんな日本になるでしょう?
 
---
 
 
古代の音や哲学に触れて、
發声していくことで
 
日本人としての誇りや自信を
取り戻してゆく・・
 
そんな想いとともに
今回も精一杯取り組んでみたいと思います。
 
是非、ご一緒しましょう!
 

◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 


 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友の芝居を観て


Screenshot_2019-07-09 経つほどに 芽ばえ.png


◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

七夕に氣比

7/7 年に一度の星の記念日に
 
星の子の仲間たちと

氣比の地を訪ねました。
 

cEPaRi2C03A_0ZAmmJwygyfa5PIiCkr0S3o4D589L3YeJxFPc.jpg


66470950_2549621021755088_6025834967349592064_n.jpg

 
びわ湖のささ波

氣比松原の海波を

素足で感じて
 
 
66375671_457674605063582_6254445051334623232_n.jpg


66133472_1409117835930400_5678741531830255616_n.jpg


浜辺に立てた笹の葉には

和歌を詠み

願い事とともに短冊に綴って。
 
 
IMG_1896.JPG


vXV53W5rEdLNNXCTxu-2Jnv4QKlyEkKqiGzKv0m-JK0eJxFPc.jpg


山幸彦と豊玉姫

仲哀天皇と神功皇后

武内宿祢と応神天皇・・
 
 
IMG_1838.JPG


66130674_2068738596754793_5462797336465899520_n.jpg


所縁深い方々のおられた

この大切な地で
 
こんなにもマニアックで豊かな体験を

ともにさせていただけたこと・・
 
 
深い、深い、喜びです。
 

65971924_455115975309141_6444715654485377024_n.jpg 


愛しき星の子さんたち

今回もこころの底から、ありがとう!
 

R6OZYoCNOr5BDkmBahgO-zEqo9t1PEhz39ks5KKB0dUeJxFPc.jpg


◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス


posted by 千晴 at 23:23 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

竜巻

小さな頃から
自分の内にときどき
 
強い衝動やエネルギーが
突き上げてくるのを自覚していて
 
それはまるで
どこまでも果てしなく翔べるかのような
 
無限の感覚だった。
 
たとえるなら
高速で渦を巻きながら上昇する
「竜巻」のような・・
 

o0843035314457636548.jpg

 
でも
 
成長するにつれ
 
それが人や世間との
トラブルになり得ることを知り
 
この感覚は危険だし
まして女なのに恥ずかしいんだ・・・と
認識するようになり
 
できるだけ抑圧して生きるようになって。
 
 
でも、やっぱり、、
 
いくら抑圧したって
消えるもんではないんだな。。^^;
 
 
 
陸の上では
 
とかく衝突しがちなこのエネルギーも
 
 
海の中では
 
誰とも衝突せず
果てしなく泳ぐための源となる。
 
 
だから
 
抑圧するのではなく
 
陸の上でも表現の仕方を学びながら
このエネルギーを発揮してゆくこと・・・
 
 
KNjrNC76BAzvGs82vbhQY0nmy4lDDI14fMeJQI3FzykeJxFPc.jpg
写真:山本 美紀子
 
 
ようやく今、
それを自覚するときが来たのだと
 
今回の舞台は教えてくれた氣がします。
 
 
わたしにとって言語造形とは
その貴重な表現方法なのだ、と。
 
またそれを発揮することこそが
この星に生まれて来た理由なのだ、と。
 
 
LXyA2smM_SfKnlKaL1VeUHg1aNNwTn1pQ9d2E7ndwsseJxFPc.jpg

 
 いさり火は
 
 身も世もなげに瞬きぬ
 
 陸(くが)は海より
 
 悲しきものを
 
 与謝野晶子
 
 

◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 09:24 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

笹と、茅の輪と、舟

昨日、舞台のお礼参りに行くと
 

65681775_401198040740720_8066630794493296640_n.jpg


氏神の生根神社さんには
笹の葉と茅の輪が


65509827_2348604175414311_6326877553067819008_n.jpg


66105071_902318896827283_3090271240540127232_n.jpg
 
 
大海神社さんには新しい舟の絵が
奉納されていました♪
  

65760545_2356929681294403_3317614455201726464_n.jpg


(住吉ではどうやら旧暦で
 夏越の大祓をするみたい)
 

祈っていると
なぜかポロポロ、ボロボロ、
大粒の涙が落ちて・・・
  
まるで源氏のように
最近よく泣くわたくし。。笑
 

◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 20:52 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

松の木

まさしく住吉明神でした。
 
舞台のうしろで
 
ずっと
 
ずっと見守り
 
支えてくださった松の木。
 
 
65650041_2287286991539610_8080792048992518144_n.jpg


能舞台での言語造形、
 
ほかにも
初めての挑戦ばかりだったけれど
 
 
ずっと
 
変わらず温かく
  
迎え、助けてくださった
 
その微笑み・・
 
 
6.30
言語造形公演『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 
おかげさまで
無事終演いたしました。
 
 
わだつみの神
やまつみの神
そして
タツの神への感謝を捧げる祝祭。
 
 
時が経つほどに
 
余韻と恩寵と
感謝の想いが溢れてきます。
 
 
神々の眼差し。
 
その温もりと愛を常に感じながら
これからも舞台創りに
励んでゆきたいと想います。
 
 
禊ぎのような大雨を越えて
集ってくださり
ともに耳を澄まして下さった皆さま
 

65445162_384382302201827_199771470241464320_n.jpg


そして今回も
ともに舞台創造に取り組んでくださった
演奏家の 足利 智子 さん
写真家の 山本 美紀子 さん
 
また受付や道案内など様々な面で
支えてくださった仲間たち
 
ほんとうにほんとうに
どうもありがとうございました!
 

IMGP0005.JPG


IMGP0007.JPG
 


写真をくださった皆さまも
どうもありがとうございます!(≧∇≦)
 
 
◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 公演レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする