2020年03月12日

春笑みす

感応
 
春笑みす 背には真日浴びながら 蛙とともに吾も解かれむ|千晴|うたよみん.png
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

澄み切れる

天のはからひ
 
澄み切れる風と天つ日身に受けて こころの的は 春分を向く|千晴|うたよみん.png
 


3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 15:32 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

松蔭に

能舞台に響きわたる
ライアーの音色

松陰に響む琴の音いにしへの 記憶いさなふ神降りしとき|千晴|うたよみん.png



3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

啓蟄に

兆しとともに

89519191_1084959095192058_9160269655787438080_n.jpg



3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

和歌による和合 

昨年の夏より、ことのはクラスで
11回に渡って学んできた
『山幸彦&豊玉姫』シリーズ。


青木繁「わだつみのいろこの宮」.jpg
青木繁『わだつみのいろこの宮』 山幸彦(中央)と豊玉姫(左)の出会い
 
 
いよいよラストとなる今回は
おふたりの和歌が登場します。
 

沖つ鳥 鴨着く島に わが寝し 妹は忘らじ 夜(世)のことごとも ウツキネ.png


“ 鴨にかかる枕詞 ” といわれる
「沖つ鳥(オキツトリ)」は
 
舟の一族、海人族・・
つまり豊玉姫の先祖であり
 
「鴨船」を発明した「オキツヒコ」が
由来とも言われています。
 

d0161928_21065215.jpeg
オキツヒコを祀る『志賀海神社』 @福岡県志賀島
 
 
いろいろな出来事によって
離れ離れとなっていたふたりにも
 
さまざまな氣づきと、学びと、
深まりがあって・・
 

沖つ鳥 鴨を治むる 君ならで 世(夜)のことごとを ゑやは防がん トヨタマ.png


ただの恋歌ではない
 
この歌に重ねられた幾つもの想いを
ともに感じ合いながら
 
全身を使って響かせてみましょう。
 
 
初めての方でも
どうぞお気軽にご参加ください。
 


次回は 3/9(日)
「やまとことは」を味はふクラス
 
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

目醒めたり

ついに
 
目醒めたり 幼こころの君よいま おのれ縊りし縄をほどきて|千晴|うたよみん.png
 

 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

立ちあがる

すべては内に
 
立ちあがる姿まぶしき白木蓮 秘めたるあいに貫かれしか|千晴|うたよみん.png
 
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

豊玉姫の帰還

予告 3/8(日)
やまとことはを味はふクラス
 
これまで10回に渡って取り組んできた
山幸彦&豊玉姫」シリーズ。
 
いよいよ次回が最終回となります!
 

CIMG2424.JPG 


恥のため、また息子の誉れを守るため、
 
「ミツハメの社」(貴船神社)へと
引き篭もっていた豊玉姫も
 
義父・ニニキネ(瓊瓊杵尊)さまの
見事なお諭しによってこころを解きました。
 
 
今回は
そんな彼女の元へ届いた
 
夫・ウツキネ(山幸彦)さまからの和歌
 
さらにミホツ姫からは励ましの和歌
 
そして、豊玉姫からの返歌。
 
 
お互いの深い想いに溢れた
歌のやりとりによって
 
豊玉姫はついに
ウツキネさまの元へ帰る決意をされるのです。
 
 
unnamed.jpg


このときの行幸を、喜び称えたお祭が
いまも京都上賀茂・下鴨神社で行われている
葵祭』だといいます。
 
さまざまなところに
この物語の象徴である「葵桂」が飾られていますね♪
 
 
5.jpg


また、
昔話『浦島太郎』のモデルとも言われており
 
ここで豊玉姫が夫へ送った返歌を入れた文箱が
『玉手箱』の元になっているのかもしれません。
 
 
q325010343.1.jpg


(女性性)と(男性性)。
 
 
和歌によって遂げられる
 
男女の和合の道、
 
 
この国の
素晴らしき男女の愛の物語を
 
古文献『ホツマツタヱ』より 
もりやさんによることのは解説と
実際に声に出して言語造形しながら
 
全身で味わってみませんか♪
 

CIMG2422.JPG

 
ご参加をお待ちしております!
 


次回は 3/9(日)
「やまとことは」を味はふクラス
 
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 21:20 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

寒風に

ひとつだけ

寒風に身を震はせる蕾たち めいめいのはな咲かす夢見て|千晴|うたよみん.png



次回は 2/9(日)
「やまとことは」を味はふクラス
 
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 21:06 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

タツの一生

予告 2/9(日)
やまとことはを味はふクラス 』
 
前回、
引き篭るトヨタマ姫を説得するため
 
「ミツハメの社」(貴船神社)へと
赴いた義父ニニキネ(瓊瓊杵尊)さま。
 
 
今回は、彼のお話の続きです。



ワケイカズチ神社.png
ニニキネ(ワケイカヅチ)さまがご祭神の京都・上賀茂神社
 
 
竜(タツ)の一生と
人(ヒト)の成長を
 
かさねつつお諭しになり、
 
 
凝り固まっていた姫のこころを
ほどかれるニニキネさま。
 
 
その優しさと、温かさと、大いなる智に
敬愛の念は深まるばかりです。
 

山背国の賀茂めぐり@ 〜河合神社〜の画像.png
トヨタマ姫に献身的に付き添いミツハメ社まで同行した弟タケツミは、ニニキネさまより河合の地(下鴨神社)を賜り、イソヨリ姫を娶ってタマヨリ姫の親となります。
写真は京都・下鴨神社内「河合神社」の三井社。
詳しくはNAVI彦ブログで♪ 


 
ニニキネさまの叡智と愛
トヨタマヒメの変容を
 
 
古文献『ホツマツタヱ』より 
もりやさんによることのは解説と
実際に声に出して言語造形しながら
 
全身で味わってみませんか♪
 
 
ワクワクのご参加をお待ちしております!
 
 
CIMG2149.JPG


--- ↓ ことのは講師もりやひろゆきさんより ---
 
次回2月9日大阪帝塚山 
やまとことはを味はふクラスでは、
 
「天のアワウタ」にも取り組む予定です。
 
  
アナニヱヤ ウマシヲトメニ アイヌ
 
ワナニヤシ ウマシオトコニ アヒキ
 
 
月の満ち欠けになぞらえた
天のアワウタになります。
 
  
その後、
ニゝキネさんがトヨタマヒメに伝える
タツのお話の言語造形になります。
  
新しく宮内のことを取り仕切っていた
ミホツ姫の登場場面もあります。
 
  
タツの子は 千穂、海に棲み
 
タツタ知る 千穂、山に棲み
 
タツ降ると 千穂、里に棲み
 
ツクハなる
 
 
※このツクハが天のアワウタにも関連があります。
 
 
タツのタ行はテテ、トトと父親を表す音ですが、
タツの タとツ 関連あるのでしょうか…
 
---


CIMG2180.JPG



次回は 2/9(日)
「やまとことは」を味はふクラス
 
 

3/28(土)大阪 
3/29(日)東京
 
神功皇后御崩御1750年記念
 
言語造形劇 『 をとめとつるぎ 』
 
 
 
 
posted by 千晴 at 14:11 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする