2017年04月21日

女神の声

 ことばを

 ことばの響きを

 信頼しなさい

 大切にしなさい
 
 それは波紋となって

 どこまでも

 どこまでも

 拡がってゆくのだから・・・

 
 
 
はっとして

涙がこぼれた
 
 
これはきっと

かの女神の声。
 
 
深く、優しく、力強い
 
言霊の女神の声。
 

s-CIMG1433.jpg



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

夢を生きる

 催眠にかかった夢の中であっても
 
 生きたひとつの細胞が
 一粒の種となって
 体中をさまよっている。
 
 生きた細胞は
 一瞬止まったり動き回ったりしながら
 
 眠っている何千もの他の細胞たちを
 起こそうとしている。
 
 
 その生きた細胞の名は
 
 夢。
  
 夢が彼らを揺り起こす!
  
 そうすれば人々の家族が
 再び美しいオアシスを
 
 地球上に創造するようになる。
 
 
 〜アナスタシア 一族の書より〜

 
 
 
いま、わたしは “夢” を
思い出しつつある。
 
この “夢” とともに
目を覚まそうとしている。
 
 
夢を抱くこと。
夢を生きること。
  
それは、
何千年にもわたるこの世の「催眠」から
  
「目覚める」ということなんだ!
 
  

c4ded76216096822b3b04bdf76497bb9_cd67167ffaef511ea90ab71330797985.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

男と女

天秤座満月を過ぎてから
  
愛のエネルギー循環が
日に日に増しているように感じる
 
長い、長いあいだ
男女の間を遮っていた何かが
ついに溶け落ちて
 
歓喜の涙に震える日々。
 
 
 
ほんとうは
 
男というものは
 
内なる純粋な光を一心に注ぎ
温めたい
 
その対象を切に求めているのではないか
 
太陽のように
 
 
 
ほんとうは
 
女というものは
 
鏡となってその光と熱を全身に受け
反射させ輝かせて
 
この世を明るく照らしたいのではないか
 
月や花たちのように
 
 
 
知識でも情報でもなく
体と魂からのリアリティ
 
 
 
男女というものは
 
そんな循環によってエネルギーを増幅し
この世に愛の光を創造することが
 
本来の性質なのではないだろうか
 
 
s-IMG_0220.jpg


posted by 千晴 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

新緑

大好きないつもの神社

溢れ出す新緑に圧倒されて


s-IMG_0211.jpg


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

天使の世界

バイト帰りの夕方
稽古を始めるまでの数十分。
 
「ちょっとだけでいいから
 ママと雨のおさんぽをしたいの」

 
次女のことばにきゅん♡として
長靴を履いて外へ出る。
 
 
「とくべつに
 秘密基地を教えてあげる!」
 
 
スキップの競争をしながら
あるマンションの片隅へ・・・
 
 
友達と作ったという秘密基地は
植え込みの隙間にありました。
 
傘を縮めながら入ってみると・・・
 
 
Fantastic!
 
入ってみなければ分からない
ときめきの世界♡ (≧∇≦)
 
 
 
「ああ、この世の天使たちは
 こんな世界に生きていたのか」

 
 
かさねっち、
思いがけず懐かしいプレゼントを
ありがとう♡
 
posted by 千晴 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい朝

今朝、目覚めとともに
新しいいのちの息吹を感じた
 

ああ、この週末も
様々な体験をさせてもらえたんだなあ
 
空間、人、波動、風、そして光・・
 
きっとその出会いと体験のすべては
わたしの糧となってゆく
 
この体験をもたらしてくださったすべてへ
ありがとう!
 
 
そしてまた
新しいいのちが
 
新しい物語とももに歩み出す
  
喜びとともに
 
 
posted by 千晴 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

復活の祭

 夢追い人たちに、乾杯
 愚かに見えるかもしれないけれど
 胸の痛みに、乾杯
  
 大事なのは少しの狂気
 それが誰も見たことのない色を放つ
 
 行き着く先なんて
 誰にも分からないでしょう
 
 だから私たちみたいな存在が
 必要とされるの
 
 おいで、反逆者たちよ
 波紋を生む小石よ
 画家に、詩人に、役者たちよ
 
 夢追い人たちに、乾杯
 愚かに見えるかもしれないけれど
 張り裂けそうなこころに、乾杯

 
 (映画『LALALAND』より)
 
 
復活祭。
 
「世のことば」であるキリストが
 
甦った日に。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

男というもの

男は純粋だとか
ロマンチックだというけれど
 
だからこそ
 
ものすごく真っ直ぐに
何があってもブレないほどの
愛を
 
持つことが出来るのかもしれない。
 
 
男って、すごいな。 
 
 
そのあまりの深さに
体が震え
涙がとめどなく流れた
 
 
天秤座の満月


s-CIMG2505.jpg

posted by 千晴 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水素風呂の効果

「水素風呂」に出会って一年、
 
夏でも毎日湯船に浸かるほど
すっかりハマってしまいました。
 

h2-new-litalife.jpg


しかもただ氣持ちがいいだけでなく
家族の体調にも氣付けばたくさんの変化があり
ますます「水素愛」が増している今日この頃。^^
 
そこで実際、
諏訪印にどんな変化があったのかを
書いてみることにしました。
 
 
・肌がきれいになった(シミやシワの減少)

・髪に艶がでてきた

・髪が増えた

・花粉等アレルギー症状(目のかゆみや鼻水)の減少

・疲れが翌日に残らない

・深く心地よい眠り

・口内炎、歯周病等、口内の改善

・家族全員インフルや感染症に罹らなかった

・傷(火傷や切傷)の治りが早い

・温泉願望がなくなった^^
 
    
ざっと挙げてこんなところかなあ。
これって結構すごくない?笑
 

たとえば公演でエネルギーを使い切っても
翌日には元気にバイトに行ける♪ ^^*
 
だからどんなに疲れてても、
いや疲れてるときほど
お風呂に入ります。
 
  
水素水を飲むより100倍も
体内に吸収されるという水素風呂。
 
しかも、あんまり氣持ちがいいので
いつも鼻だけ出して頭まで浸かっていたら
 
なんと頭皮はさらにその100倍?吸収されるらしい!
 
・・・やはり体はちゃんと知ってるんだなあ。
 
 
「快感覚」を大切にすることは
「わたし」を大切にすること。
 
  
 
この酸性化社会の中で
放っておいたらどんどん錆びてゆく
現代人の身体にとって
 
「活性酸素」(O2)を「水」(H2O)にして
排出してくれる「水素」(H)は
 
まさしく救世主だ!と実感しています。 
 
 
医者にも薬にもサプリにも頼らず
家族みんなが健やかになれるこのお風呂を
 
ぜひ大切な人たちにも伝えたいと思い
えいっと書いてみました♪
  
 
いま、心身に不調を感じている方、
この情報を切実に必要としておられる方に
届くといいな〜♡
 
ほんとうにオススメです!(≧∇≦)  
 
 
試してみたい方はこちらからできます。
3500円/月で機械がレンタルできるんですよ〜

 
 
これからも氣づいたことがあったら
ちょこちょこ書いてゆきたいと思います。
 
 
posted by 千晴 at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水素風呂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

稲葉さんとのコラボ公演

本日は桜満開の東生駒にて
稲葉吉秀さんのクリスタルボウルとの
コラボ公演でした♪
 
少人数でのプライベート公演。
 
心地よい波動に満ちた空間と
美しい音の響きのなかで
皆さまと「言語造形」を分かち合えたことを
ほんとうに嬉しく有難く思いました。
 
妙なる出会い、妙なる経験。
大いなる天の導きに感謝が溢れます。
 
皆さま、ほんとうにありがとうございました!
 
 
17800481_1294062887356650_4313027445818163819_n.jpg


posted by 千晴 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする