2017年10月03日

11/19(日)『秋のおはなしペチカ』.005


秋ペチカ.005-b.jpg

秋のおはなしペチカは
 
ドイツの童話作家「ミヒャエル・エンデ」の生誕を祝います。
 
 
エンデの作品のなかでも有名な 『モモ』 に登場する
 
少年ジジの語った「魔法の鏡」。
 
 
人々が “ 空想 ” と呼ぶ
 
その物語の世界には
 
 
人のこころを健やかにする
 
豊かな宝物が溢れています。
  
 
 
美しい秋のひととき
 
心身を癒すライアーの音色と
 
言語造形によるミヒャエル・エンデの物語で 
 
こころを満たしてみませんか。
 
 
 
●演目

「魔法の鏡」(『モモ』より)
「おこぶちゃん」
 その他


●語り 

諏訪千晴 (言語造形家)
諏訪夏木 (小学六年生)
諏訪かさね (小学三年生)
 
 
●音楽 

足利智子 (タオ、タリタ、ティラルライアーetc)


●日時 

11月19日(日)
14:00〜15:30 予定

 
  
●場所 

ことばの家 
 南海本線「帝塚山」駅 徒歩5分
 阪堺上町線「姫松」駅 徒歩5分
 
  
●入場
 
大人: 
予約 2500円  当日 3000円
 
小学生以上:
500円 
 
(お茶とお菓子付き)
 
 
●定員 
 
20名  要予約 (事前振込制)
 
 
●お申込み
 
こちらのから
(paypalクレジット決済)
 
 
または下記口座へのお振込みも可能です。
 
◎ゆうちょ銀行  
 記号 10260 番号 28889041 
 諏訪 千晴(スワ チハル)
 
 

振込みの確認をもって、
ご予約完了とさせていただきますので
その際にはご一報ください。
  
 
posted by 千晴 at 20:57 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

「型」と「自由」


『 「型破り」か、「型無し」か 』
 
ある和太鼓奏者さんから伺ったことば。
 
言語造形という道を歩んできた自分にとっては
とてもリアリティのある感覚。
 
 
そう、真の「自由」とは
「型」を通してこそ体現できるという
 
パラドックス。
 

20170318_inoueyatiyo_4.jpg 


型とは
自然の法則、美の秩序なんだ。
 
植物や動物たちが美しいのは
神の創られた秩序の中に在るから。
  
 
ただ人間だけが
「無秩序」を創りだすこともできるけど
 
実はそこには
自由も美もなくて。
 
 
無秩序な「形無し」よりも
型を通してこそ至れる自由と美しさへの道を
 
わたしは歩んでゆきたい。
   
  
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

飛鳥の女神たち

宇須多妓比売(ウスタキヒメ)さま
加夜奈留美(カヤナルミ)さま
そして丹生都比売(ニウツヒメ)さま。
 
 
飛鳥の神奈備の川上に坐す
三人の水の女神たちに
会いに行きました。
 
 
あまりにも濃厚な空間に
どっぷりと潜り込んで
 
帰宅後は倒れ込むように眠ると

その夜は大阪でも
朝方まで大雨の流れゆく音。

浄化。 
 

IMGP0458.JPG
  
 
またひとつ
新たな領域に招かれ
 
魂を洗い流し

今日という一日が始まります。
 
 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

回り歌

今日はまた
特別な優しさで迎えてくれた
カナサキのお翁さん♡
 
本殿の奥から、そして足下から
心地よい風が吹き抜けてゆきました。
 
 
 なかきよの 
 
 とおのねふりの
 
 みなめさめ
 
 なみのりふねの
 
 おとのよきかな
 
 
 長き夜の 
 
 遠の眠りの 
 
 皆 目ざめ
 
 波乗り船の 
 
 音の良きかな
 
 
海上で高波を静めたという
カナサキさんの回り歌(回文の和歌版)を
捧げました。
 

IMG_0649.JPG


帰りの鳥居には
五羽の鳥さんがお見送り♡ (≧∇≦)
 
やっぱり大好き!
 
 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」

 
posted by 千晴 at 21:33 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

導きの秋分

秋分の日は、足利智子さんの
「世界の輪唱&北欧伝承歌krajaを歌う会」へ♪
 
さらにその前後には、今、ともに
「丹生都比売」衝動に突き動かさている
新たなお仲間と、夫も交えて居酒屋さんへ♡ 
 
普段はお互いに家族があり、子どももいるのに
その日は思いがけずに「ぽんっ」と時間が与えられて・・
 
 
そして今日は
二回目の「丹生都比売・言語造形クラス」。
 
初回は、横浜から、
今回は、岐阜から、名古屋から、
 
ご参加くださる方がいらしたので(涙)
動機を伺ってみると・・・
 
皆さん
「なぜか直観的に来ました!」と。^^
 
 
そうなんです。
 
どうやらこの「丹生都比売」衝動は、
個人の小さな頭で理解できるものではなく
 
直観と、ハートの素直なときめきから
やってくるようなのです。
 
 
わたし自身も、再演に向けての全体像が
まだ全く見えない中で
 
それでも何かに突き動かされながら
 
いつも絶妙なタイミングで運ばれてくる
様々な出来事に
 
ひとつひとつ丁寧に向き合っている感じです。
  
 
妙なる出会いとご縁によって
喜びと、ときめきと、感謝が溢れる秋分です。
 

21175834_1998659990413146_1373718403_n.jpg
写真は、丹生都比売が初めて降り立ったという和歌山・天野の「奥の沢明神」にて。

 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」


 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

家族と言語造形

「次の 『おはなしペチカ』 に出演する人〜!?」
 
ソファで本を読んでる娘たちに向かって
呼びかけてみる。
 
「はいっ!」と真っ直ぐに手を挙げたのは
9歳の次女。
 
「んー、、どうしよっかな・・」
と言いつつ、結局そ〜っと手を挙げたのは
12歳の長女。^^
 
 
11月19日(日)、
秋の『おはなしペチカ』のテーマは
ミヒャエル・エンデ。
 
それから彼女らが語る作品の最終決定に向けて
あれやこれやと女子会議♪
 
すると父さんがおもむろに
「こんなのもあるよ」と
エンデの詩を紹介してくれたり。
 
 
ああ、こんな光景って・・・
 
なんだか胸が熱くなる。
 
 
この大阪で
夫が一人ではじめた言語造形を
 
今では家族みんなが愛していて
 
わくわくしながらそれぞれの
語りたい作品を選んでる・・
 
 
わたしたち家族のなかにはいつも
芸術がある。
 
 
豊かだな♪
 
ありがたいな♪
 
 
IMGP7634.JPG

 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

「からだ」を使う時代

もう
「知識」を詰め込みたい時代は過ぎて
 
もっと
「身体」を使いたい時代がやってきたね♪
 
 
限りない叡智を纏っている
 
この「身体(からだ)」を使って
 
空間に 
 
健やかな
 
「言霊」を響かせよう!
 

IMGP9366-2.JPG
 
●次回は9/24(日)!
「丹生都比売・言語造形クラス」


posted by 千晴 at 20:13 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

ホツマの喜び

明日は
演劇「丹生都比売」のシェア会♪
 
丹生都比売(ワカ姫)さまは
古事記・日本書紀には登場しない女神ですが
 
ホツマツタエという古文書には
言霊の女神としての彼女の一生が
生き生きと描かれています。
 
なので明日はそんなお話を
わたしからも少しさせていただくことに♪
 
これまで読んだり学ばせて頂いたことの喜びを
できる限り皆さまとシェアできたらと思い
復習&まとめを始めたら・・
 
なんだか胸がワクワクとトキメキで
いっぱいになってしまいました!(≧∇≦)
 

CIMG2930.JPG

 
愛する丹生都比売さまについてを
こうして仲間と自由に語り合えるなんて
なんて幸せなんだろう〜〜!
 
主催者の Yasuko Koyamaさん
ほんとうにありがとうございます!
 
これから月一回のペースで
この丹生都比売に関する学びとシェアの会は
開催される予定です。
 
8月の演劇「丹生都比売」を体験された方も
またこの女神に纏わるものに惹かれている方も
共に、語り、学び合える時間になったらと願います。
 
ご興味のある方は
どうぞお気軽にご参加くださいね!(≧∇≦)
 
 
 
↓ 演劇クラスもやっています♪
 
「丹生都比売・言語造形クラス」

 
posted by 千晴 at 22:38 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

まごころ

まるで大好きなお爺ちゃん家に行く感覚で
毎週のように通っている近所の大海神社。
 
ここに居られる「カナサキの翁」のことばに
ホツマツタエで改めて出会い
胸を熱くしてから数日後。
  
 
月次祭に
初めて参加することができました。
 
告知などもまったくせずに
毎月同じ日にひっそりと行われいるこの儀式。
 
10名前後の方が来られて
宮司とともに祈りを捧げていました。
 
 
住吉大社の摂社でありながら
普段はあまり人のいないこの神社に
 
熱い想いを持った人々が
淡々と集っているその様に感動しました。
 
 
隣に座っていた女性に話しかけると
なんと毎日
堺から自転車でここへ通って、
お供えの榊の水を替えているのだそう。
 
 
「神さまが喜ばれるのはね
 人のまごころなのよ」
 
 
静かで確かな女性の佇まい
まごころを込めて生きるということ。
 
思いがけず涙してしまいました。
 
 
039.jpg

 
「丹生都比売・言語造形クラス」スタート!



posted by 千晴 at 21:55 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

紬(つむぎ)

四か月ぶりの着付教室でした。
 
やっぱり紬(つむぎ)、
しゃきっとして好きだな〜♡
 
来年の三月、長女の卒業式には
自分で着付けてゆけますように!(≧∇≦)
 

IMG_0636.JPG

 
「丹生都比売・言語造形クラス」スタート!

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする