2019年08月07日

ニニキネ尊の懺悔

今週末のことのはクラスでは
あの “ 天孫降臨 ” で有名な
ニニキネ(瓊瓊杵尊)さまの和歌が
登場します。
 
 
1542011898122_42c04eff4aa18862847b465294ec1702.jpg 
石井林響「木華開耶姫」
 
産んだばかりの三つ子とともに
火中に入り、命懸けの誓いを立てた
アシツ(コノハナサクヤ)姫。
 
 
前回、「産むときに咲け」と誓った
“ 白子の桜 ” の開花とともに
二つの誓願が見事果たされたことを知った
ニニキネさまは
 
直ちに姫を迎えに行き
疑ってしまった自らを悔やんで
この和歌を贈ったのでした。
 

CIMG0275.JPG

 
 おきつもは
 
 へにはよれども
 
 さねとこに
 
 あたわぬかもよ
 
 はまつちどりよ
 

bird.JPG
三本しか残らない千鳥の足あと
 
後悔と、懺悔と、想いを込めた
 
ニニキネさまのこの歌は
 
果たして姫のこころに
どのように響いたのでしょうか。
 
 
是非ご一緒に、声に出して
味わってみましょう!
 
 
◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 21:50 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

焚火

過ぎゆけば忽(たちまち)にみな想ひ出に
せつなに燃ゆる焔(ほむら)いとほし
 
 
CIMG0108.JPG


◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス


posted by 千晴 at 22:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊吹山キャンプ

過ぎてみると
まるで夢だったかのように


67668301_2632575763433023_734515256738447360_n.jpg 

 
すべての瞬間が
あまりにも楽しくて、美しくて
素晴らしい二日間でした。
 

CIMG0186.JPG


67654949_865613557146622_762080447038488576_n.jpg


67929642_383828095607212_3066496629461745664_n.jpg


9ヶ月に渡って
ことのはクラスで取り組んできた
「ヤマトタケ」さまの物語。

その最後に
感謝と御礼の氣持ちを込めて
醒ヶ井と伊吹山を巡ろう♪
 

CIMG9965.JPG


CIMG9931.JPG


CIMG0224.JPG


というのが話の発端でしたが
 

CIMG9933.JPG


やがてそれが一泊のキャンプとなり

BBQに

CIMG0040.JPG


キャンプファイヤー

CIMG0069.JPG

CIMG0117.JPG


花火に

CIMG0139.JPG


出し物に

67811242_645407765943295_3023015372694487040_n.jpg


朝ヨガ

CIMG0148.JPG


温泉までもと発展して・・
 
 
11歳から68歳までの
まるで大家族のような仲間たちが
 
それぞれマイペースに
好きな在り方で、好きなことをして
 

67576613_2709794345700029_5689145222521421824_n.jpg


67890524_457944655028899_5466186632598126592_n.jpg


67647502_348666726076330_2140195333311823872_n.jpg


67573295_2373158899597083_4870391346277384192_n.jpg


CIMG0244.JPG


とても豊かな旅が織りなされたのでした。
 
 
醒ヶ井(さめがい)の
ほんとうに綺麗で冷たい水と梅花藻の花
 
ヤマトタケ像の周囲に舞う
「神さまトンボ」
 
奥伊吹の川の音
 
いつまでも見つめ続けた焚火の炎
 
朝ヨガをしながら見上げた
木々の色と朝日
 
伊吹(息吹)山の風
 
吸い込まれそうな見晴らしと空
 
超古代を感じるような磐座たち・・
 

CIMG0248.JPG

 
みんなでお腹を抱えて笑い転げている
どの瞬間にも
 
傍らにある美しい自然たちは
ときめくばかりの光を放っていました。

 
CIMG9998.JPG

 
そして何よりもみんなが与えてくださった
深くて大きなエネルギーが体中に溢れて
 
今朝は写真で振り返りながら泣きました。笑
 

CIMG0211.JPG


こんなにも美しい夢を与えてくださった
すべての方々へ
 
いくつもの願いを叶えてくださって
ほんとうにどうもありがとう!
  
こころから感謝を込めて。


◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 17:39 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

芸術的な響きを

いかにイデオロギー的な要素を抜き取り
美しく芸術的な響きを湛えてゆくか・・
 
小学生の子どもたちへ
物語を語るということ。
  
工夫を重ねています。
 
 
原爆をテーマにした紙芝居
『ちっちゃなこえ』
 
終戦の日に向けて。


9784494080847_3.jpg

 
◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

片男波

煌めきつまねく水面に漂へば
さかひは消えて海(そら)へ還りぬ

IMGP0029.JPG
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

火中の誓い

次回 8 /11(日)
『やまとことは を味わうクラス』


konoha.jpg
埼玉県行田市埼玉「さきたま火祭り」
 
次回は記紀でも有名な
コノハナサクヤヒメの火中出産シーンです。
 
ホツマツタヱでは
どのような描写になっているでしょうか?\(^o^)/
 
ピンと来られた方は、ご参加お待ちしてます。
 

岩手県の配志和~社では、一般公開されてない
特殊~事でこの火中出産に関わる行事が
なされているそうです
 
(ことのは講師・もりやひろゆき)
 

CIMG9578.JPG

 
一夜にして孕んだ子は「アダタネ」・・
との噂を信じて去ったニニキネ命。
 
コノハナサクヤ姫は
その三つ子が「マサタネ」であることを
証明するべく、命懸けの誓いを立てて
 
自ら火を放った小屋の中へ籠ります。
 
するとハラミ山(富士山)から
タツ(竜)が姿を現して・・・
 
 
今回も
大変に力強くもドラマチックな場面です。
 
後にすべてを知ったニニキネさまの
和歌にも取り組んでみましょう!(≧∇≦)
 
(言語造形指導・諏訪千晴)
 

CIMG9607.JPG

 
◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 21:37 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏のひかり


67247042_1163731423813897_5216973620558954496_n.jpg


夏来たる熱きひかりを身に受けて
咲(わら)ふ向日葵いさぎよきかな



◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 20:20 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

むすひの糸


Screenshot_2019-07-29 めぐり逢ひ 逢ふべき糸は いづこから たぐり寄せ.png


◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 22:29 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虹色の鳥


67522627_2318587558404830_8221477765812060160_n.jpg


67297414_528751551196290_6279168364854116352_n.jpg


あらたしき夏空に舞ふ虹の羽根
なにを告ぐるや比翼の鳥よ

67666723_2264108070521732_7509717099778932736_n.jpg


◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 22:25 | Comment(0) | 和歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

コノハナサクヤ姫の強さを

今日も満ち足りたひとときでした♡
 
コノハナサクヤ姫の
痛みと悲しみ、そして芯の強さを
 
やまとことはのエネルギーから
全身で味わって。
 

CIMG9608.JPG

  
また「サクラ」の意味や
ニニキネさんの功績についてなど 
 
もりやさんのホツマツタヱ講義は
いつもながら「はっ!」とする氣づきが
とても面白くて。
 

CIMG9582.JPG 


神々のことのはを
この身に響かせることの喜びを
改めて感じさせていただいたのでした。
 

CIMG9620.JPG


皆さま今日もほんとうに
どうもありがとうございました!
 
 
CIMG9575.JPG


◆ 次回は 8/11(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 23:12 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする