2019年05月28日

白髭神

先日、初めて訪ねた
琵琶湖西岸の白髭神社。
 

CIMG8352.JPG


湖に佇む鳥居もさることながら
本殿奥の磐座などでも
仲間とともになぜかゆっくりと
寛いでしまったのだけど
 

CIMG8382.JPG


白髭神・・
わたしのなかで海幸彦でもあるこの方とは
どんな繋がりがあるのかしら、と
思っていました。
 
そしたらなんと
神功皇后の父方のルーツを辿ってゆくと
海幸彦さんに行き着くのね!(≧∇≦)
  
なるほど〜長居しすぎて
フェリーに乗り遅れた訳がわかったわ〜♪ 笑


CIMG8347.JPG

 
◆ 次回は 6/9(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

1750年目のご命日

二人の星の子が
(いや、天使かもしれない・・)
 
この大切な祭祀の場に
わたしたちを導いてくれました。
 
今日は神功皇后が神上られて
1750年目のご命日をお祀りする
大切な記念祭だったのです。
 
ネット上では一切告知されていない
その節目の儀式を
 
昨日、仕事の後一人寛いでいたカフェに
飛び込んできて教えてくれた彼女。
 
そしてまた偶然にも昨日、
住吉詣でをされてこの情報を知り
教えてくれた彼女。
 
お二人のおかげで
参列させていただくことができたのでした。
 

IMGP0020.JPG

 
第四本宮の奥扉が開かれ
 
宮司さまが祝詞を奏上される
 
その間の体感。
 
 
白く大きな光のようなものに包まれて
全身が熱くなり
思わず涙がこぼれました。
 
 
大鳥居前のウツギも満開♡


CIMG8756.JPG


揚羽蝶も喜び舞っていました。
 

CIMG8758.JPG

 
今日のすべての体験を
こころから、
どうもありがとうございました。


◆ 次回は 5/26(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 
posted by 千晴 at 15:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

ひめの出会い

今日は和歌山・丹生都比売神社へ。
 
発足三年目に入った「ひめの会」の行事へ
参加してきました♪
 
新緑の美しい境内で
 
月次祭、特別祈願、草むしり、茶話会など
メンバーとともに過ごす時間の
豊かさ、温かさ。
 

IMGP0155.JPG


自己紹介でお一人おひとりが
ここへ導かれたきっかけを話してくださったとき
 
通り雨、芍薬、人との印象的な出会いなど
 
丹生都比売さまからのお導きの様子がまるで
虹色の吐息のように感ぜられ
 
優美で、鮮やかで、でも繊細で・・
うっとりと感動したのでした。
 
またそれぞれがしっかりと
そのいざないを受け取っておられるところも
すごく素敵で。
 

IMGP0153.JPG
 

念願のご神犬「すずひめ号」ちゃんにも会えたし
可愛い蛙くんたちにも出会えたし、
 
今日もとても素晴らしい出会いとエネルギーを
たくさんいただいた一日でした♪
 

IMGP0140.JPG


丹生都比売神社と「ひめの会」の皆さま、
どうもありがとうございました!
 
 
IMGP0159.JPG


◆ 次回は 5/26(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

卯の花苑

住吉大社の「卯の花苑」。
5月のみ公開されています♪
 

IMG_1672.JPG


IMG_1663.JPG


IMG_1679.JPG


日本全国の卯の花(ウツギ)が
植えられているとのこと。
 

IMG_1683.JPG


IMG_1691.JPG


中には立派な大楠もあったりして
とっても美しい空間です!
 

IMG_1688.JPG


IMG_1696.JPG


IMG_1697.JPG


◆ 次回は 5/12(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 

posted by 千晴 at 15:35 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

卯之葉神事


CIMG8328.JPG


CIMG8317.JPG


胸もとに 

卯の花添へて 

寿ぐは

宮のさうさう(草創) 

卯の葉神事よ
 

CIMG8334.JPG
玉串も、榊でなくウツギ(卯の花)♪


◆ 次回は 5/12(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 


posted by 千晴 at 23:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

御即位奉祝

「御即位奉祝」ウィークの住吉さんへ
 
令和二日目の今日は、
次女が子ども神輿に参加しました♪
 
威勢のいいガテン系の神輿チームと
品よく柔らかな物腰の神主チームの
大人たちが協力し
 
さらに各地域の瑞々しい子どもたちが
大集合して
 
「お神輿」というご神事に真剣に携わる姿。
 

IMG_1559.JPG


ベーラ!ベーラ!ベラショッショイ!
ヨイヨイヨイヨイっ!
 
湧きかえる境内をともにしていると、ふと、
神さまがとても喜ばれているような氣がして
なにかが込み上げてきました。
 

IMG_1568.JPG 


またGW中は、
普段は閉じている「神館」も解放され
 
住吉大社の宝物たちや
美しい建物とお庭を見ることができます。
 

IMG_1535.JPG


樹齢800年?の大きな楠のご神木は
ただただ素晴らしかった・・
 

IMG_1521.JPG 


住吉大神を愛する
こんなにもたくさんの人たちがいて
こんなにも豊かで美しいお宮があって
 
ほんとうに幸せだなと感じた一日でした。


IMG_1626.JPG


IMG_1635.JPG


◆ 次回は 5/12(日)
「やまとことは」を味わうクラス



posted by 千晴 at 20:46 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

タジマモリの墓


58384557_335441237160373_9194711294886805504_n.jpg
垂仁天皇 菅原伏見東陵に浮かぶ田道間守の墓


スヘラギと 

みささぎ添ひし

田道間守

その真心は 

常世むすびて


IMGP0094.JPG


IMGP0088.JPG


◆ 次回は 5/12(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畝傍山


IMGP0016.JPG


畝火山

鎧のひめと 

住吉の

神おはす宮 

さやにのどかに


IMGP0055.JPG
畝火山口神社

IMGP0009.JPG


◆ 次回は 5/12(日)
「やまとことは」を味わうクラス


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

香りの宮


CIMG8041.JPG


CIMG8040.JPG


香りのなかで祈る幸せ


CIMG8051.JPG

#大海神社 #魂の故郷


◆ 次回は 4/28(日)
「やまとことは」を味わうクラス





posted by 千晴 at 15:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

尾津の一松

次回「ことのはクラス」で取り組む
ヤマトタケ尊の歌を
 
行書&ヲシテで書いてみました♪
 

CIMG8020.JPG 


CIMG8021.JPG


東征の際に、通りがかった松の木に
立てかけたまま置き忘れた剣。
 
その帰途に、再び発見したときに
詠われたといいます。
 
 
このウタに込められた
さまざまな想いを
 
声に出したとき
どんな氣づきや感覚が訪れるかな♪


◆ 次回は 4/28(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

神功皇后とオトタチバナ姫

大阪の桜も咲き始めました。
 

55686923_259903961579271_6176708432494592000_n.jpg


三韓遠征から帰国された神功皇后が
のちに摂政となって住まわれたという
奈良・桜井の「磐余若桜宮」。
 
桜が咲くうちにお参りしたいな♪
 

079daf07-feef-4b8b-9bb7-7f8b530cd688.png 


兄タジマモリの娘が
オトタチバナ姫。
 
弟タジマヒタカの孫が
オキナガタラシ姫(神功皇后)。
 
わたしのなかで
この二人の姫は繋がっています。
 

photo1486525690_1.jpg

 
週末のことのはクラスでは
そのオトタチバナ姫が遺した和歌を
 
ヤマトタケが偲んで詠うシーン・・・
 
 
時代を超えて交差するシンクロに
こころ震わす日々です♪ (≧∇≦)
 
 
◆ 次回は 3/31(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 12:30 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

神功皇后の団扇

今日は住吉大社権禰宜の小出さんの講座に
参加してきました♪
 
小出さんは大海神社の月次祭も
担っておられる方で
いつもとても興味深いお話をしてくださいます。
 
すると
資料にあった神功皇后の絵を見てびっくり!
 

55591725_435096100367934_7349591669487960064_n.jpg
 
 
なんと彼女が手にしている「団扇(うちわ)」は
 
以前に受けたもりやひろゆきさんの
アムネジアというヒプノセラピーで
ワカ姫さまからいただいたものと同じなのです!


さらには神功皇后だけでなく
住吉明神や、


o0655096013968129188.jpg

 
丹生都比売の絵図でも
手にされていることを知り・・


P6020938.jpg


この形の扇、
一体どんな意味があるのだろう〜!?
 
 
 
◆ 次回は 3/31(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

神々との感応

3/17 京都『やまとことはと和歌』
 
この日は雨の京都にてスタート。
「やまとことは」とこの国の歴史、そして
いくつかの縄文の和歌をご紹介しました。
 
皆でランチの後には「日向大神宮」へ。
 
蹴上駅に着くと、お天氣もとても心地よく
晴れやかになっていました。
 
 
CIMG7779.JPG


この神社は
 
内宮には天照大神が
外宮にはその孫である日向大神=瓊瓊杵尊が
祀られています。
 

CIMG7780.JPG


その他いろいろな末社もみな
瓊瓊杵尊(ニニキネ)さまのご親族♪
 
 
---
 
そのお后であるコノハナサクヤ姫は
偽りの噂を信じて去られたニニキネへ
身の潔白を晴らすべく
 
生まれた三つ子とともに小屋に籠り、
火をつけて
 
「アダ種(他人の子)ならば 滅びん」と、
 
誓いを立てられました。
 
すると峯より竜(タツ)が現れて
水を吐きかけ
子どもたちを救い出されたという物語が
 
ホツマツタヱには描かれています。
 
---
 

CIMG7781.JPG

 
この日、わたしたちは外宮と
コノハナサクヤ姫を祀る花祭宮の前で
 
ニニキネさまが
姫に捧げた和歌を詠いました。
 
 
 おきつもは   (興津藻は)
  
 へにはよれども (辺には寄れども)
 
 さねとこに   (さ寝床に)
 
 あたわぬかもよ (あたわぬ鴨よ)
 
 はまつちどりよ (浜つ千鳥よ)

 
 
すると晴れやかな日差しの中
ふいにパラパラと
優しい小雨が降り注ぎました。
 

その後、背後にある山道を少し上ると
そこには天龍大神と地龍大神の石碑があり
 
今でも彼らがサクヤ姫&ニニキネさまの
お宮をご守護されていることを知り
  
まるで物語と同じように
雨を降らせて感応してくださったことに
こころが熱くなったのでした。
 
 
CIMG7787.JPG 


こうして神さまや龍神(タツガミ)さまと
呼応・感応しあえる喜び。
 
貴重な体験を賜り
こころから感謝申し上げます。
 
ご一緒くださいました皆さま
どうもありがとうございました。
 
 
◆ 次回は 3/31(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

京都『魂がよろこぶ神様巡りの会』

いよいよ今週末は
京都・麩屋町通の ENSO ANGO さんにて
「魂がよろこぶ神様巡りの会(弐拾漆)」です♪
 

fuya2_tatamisalon_02_1280.png 


『やまとことはと和歌』と題して
 
「やまとことは」と「和歌」への愛を
たっぷりと語らせていただきます!
 
 
準備を重ねるほどに
いろいろな想いが溢れてきて
きゅんきゅんワクワク〜〜♡(≧∇≦)
 
 
しかも午後からは
京のお伊勢さん・日向大神宮へのお参りも♪
 

749a6_0002731606_1.jpg

 
ニニキネさまと
コノハナサクヤ姫さまの物語に
想いを馳せながら
 

cee895b496f64f54bf224348220f0fe6.jpg


ニニキネさまの愛の和歌を
皆の声で奏でてみましょう〜♪
 
 
8bf62bd0.jpg


残席はまだ二名かな?
是非ご一緒いたしましょう〜!
 
 
★3/17(日)10時〜
魂がよろこぶ神様巡りの会(弐拾漆)
 

◆ 次回は 3/31(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

住吉明神

最も敬愛する神さまが
 
家から一番近い神社におられ
なおかつ氏神さまであるという奇跡に
震えてしまう。
 

o0655096013968129188.jpg

 
和歌の大神、住吉明神。
 
国を守り
女性を守り
海と船を司る
 
奇しき尊き翁神。
 

AS20180522002620_comm.jpg

 
今日は大海(おおわだつみ)さんの
月次祭でした♪
 

53608561_2180034722326331_1199058335358255104_n.jpg


『龍宮講』の仲間たちとの
月に一度の再会も楽しみにしつつ
 
この儀式に参列できる喜びをかみしめて。
 
  
53608568_1053926981481668_1759092267978588160_n.jpg


53764523_801364360199786_2843032633556860928_n.jpg


◆ 次回は 3/31(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 
posted by 千晴 at 16:19 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

神社で和歌を

貴船神社の奥宮にお参りしたとき
アチスキタカヒコネさまがいらしたので
 
こころのなかでシタテルオクラ姫の
和歌を詠ったら
 
優しい風とともに
温かな光が差してきました。
 

IMGP0033.JPG

 
この和歌をきっかけに
お二人は結ばれたのです。
 
 
神も、人も
やっぱり和歌が大好きなんだわ〜♪(≧∇≦)
 
 
 あめなるや
 
 おとたなばたの
 
 うながせる
 
 たまのみすまる
 
 みすまるの
 
 あなたまはやみ
 
 たにふたわ
 
 たらずあちすき
 
 たかひこねぞや

 
 
IMGP0032.JPG
 
 
◆ 次回は 2/10(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

往馬

往馬坐伊古麻都比古神社
往馬(いこま)大社。
 

IMGP0070.JPG


神功皇后(気長足比売)の
父君と、母君と、夫君と、御子が
ご一緒に祀られていました♡
 

IMGP0086.JPG


とても氣持ちのよい空間
 

IMGP0042.JPG


IMGP0052.JPG


なんだか諏訪大社の前宮と
雰囲氣が似ているような・・
 

IMGP0044.JPG


IMGP0056.JPG
 
 
◆ 次回は 1/13(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

12月、胎内へ

しばらく前からずっと行きたかった
丹生都比売神社へ。
 

CIMG6562.JPG


天野の紅葉を愛でたい・・と想いつつ
公演もあってなかなか叶わなかったけれど
 
ついにお参り出来た今日は
ポカポカと氣持ちのいいお天氣で
紅葉たちもなんとか待っててくれました♪
 

CIMG6661.JPG


何度も行っているのに
これまでゆっくりと過ごせたことがなかったので
 
今日は境内と周辺を
ゆ〜っくりと堪能させていただきました。
 
一度ここで
のんびり過ごしてみたかったんだ〜(≧∇≦)
 

CIMG6651.JPG 


そして読んでいたのは、友人が送ってくれた
R.シュタイナーの講演録
 
『 冬 ― クリスマスの情景 』。


CIMG6650.JPG
 
 
久しぶりのシュタイナーのことば達に
細胞が反応していました。^^
 

CIMG6600.JPG


CIMG6610.JPG 


太陽の力が弱まる冬、
 
地球の大地は、自ら “月化” して
再び太陽の働きを受け取れるようになる。
 
 
同じように
 
 
女性が子どもを孕むとき、
 
女性の身体も、自ら “月化” して
胎児の成長のために
太陽の働きを胎内に集中させるのだそうです。
 
 
CIMG6613.JPG


毎週のように通っている「大海神社」が
“ 魂の故郷 ” なら
 
ここ「丹生都比売神社」はわたしにとって
“ 魂の母の胎内 ” のようだと
 
以前から感じていたのですが
 
その“胎内”で、
冬の季節に、この真実を知ったということ・・
 
なにか鳥肌の立つような感覚がしたのでした。
 
 
CIMG6572.JPG


また、宇宙から見ると
この青い「水」の星・地球は、
 
『 非常に希薄な「水銀」の雫 』
 
なのだそうです。
 
まさしく丹生都比売さまは、
「水銀」の神さまでもあって・・
 

CIMG6636.JPG


CIMG6625.JPG

 
あまりにも氣持ちよく
大好きで仕方のない “ 魂の母の胎内 ” で
 
あまりにも心地よく
燦々と降り注ぐ、太陽の光を全身に浴びて
 
まるで「生まれ直し」たような一日となりました。
 
 
CIMG6595.JPG


CIMG6584.JPG


◆ 次回は 12/9(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
◆ 12/25(火・祝)
ことばの家 クリスマス公演
『キリスト生誕劇 2018』
 
 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

生田の宮の奇跡

今日は午後から神戸で講演会がありました。
 
開始時間ちょうどに着くように家を出たのに
道中で生田神社が会場に近いことに気付き
 
 
IMG_0577.JPG
 
 
寄り道してお参りしても
なぜか講演会に間に合ったという奇跡・・♪^^
  

IMG_0584.JPG 
 
 
IMG_0581.JPG
 
 
IMG_0579.JPG

 
ワカヒメさま&神功皇后とのひとときを
しばし満喫しました♡
 
 
IMG_0590.JPG
  

◆ 次回は 11/25(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
◆ 12/25(火・祝)
ことばの家 クリスマス公演
キリスト生誕劇 2018
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

玉出島

読書の秋。
先日紹介した「歌神」の本にて
 
---

 和歌浦の玉津島は
 古くは「玉出島」とも呼称されたが
  
 同じく住吉の地名にも
 「玉出島」(住吉社境内・大海神社付近)があり
 
 神功皇后の伝説を介して深い関係が想像される。

 
---
 
この下りを読んだとき、
なぜかポロポロ泣いてしまったのでした。
 
ソファで並んで本を読んでいた次女が
静かに肩を抱いてくれて。
 

IMG_0571.JPG

 
稚日女尊、神功皇后、衣通姫尊をご祭神とする
和歌浦(和歌山)の「玉津島神社」と
 
毎週のように通っている住吉の「大海神社」が
同じ地名で呼ばれていたなんて・・
 
 
なにかが少しずつ、明かされてゆく。
 
 
写真は
いつもバイト帰りに通る「弁天塚古墳」にある
紀州青石で作られた石碑。
 
「玉津嶋社」と刻まれており、
かつて、この住吉の地にも
玉津島社があったことを伝えています。
 

IMG_0569.JPG 


平安後期の住吉大社神主・津守国基の
夢枕に現れた衣通姫尊が、
 
その妙石の在り処を教えたという
「紀州青石(きしゅうせいせき)」。
 
触れてみると・・
夕方なのに不思議とその石だけ温かくて
驚いたのでした。
 

bentenzukakofunDCIM0096.jpg


◆ 次回は 11/25(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
◆ 12/25(火・祝)
ことばの家 クリスマス公演
キリスト生誕劇 2018
 
 
posted by 千晴 at 15:50 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする