2017年02月23日

龍の夢

朝起きると、11歳の娘が言った。

 
「ママ、わたし、龍に会ってきたよ!
 青い背中に乗せてもらって、お話しもして
 すごく、よかった!」


 
興奮しながら夢の中身を隈なく話してくれる
その眼差しは真剣で
 
朝ご飯を掻き込みつつ、
久しぶりの日記帳に
不思議な夢の一つひとつを書き留めていた。
 
 
彼女のおでこには
二本の角が、生えているんだよね。^^
 
 
遠い記憶が
夢を通してやってきたのかな。
 
 
なぜかわたしの胸が
キュゥとなる。
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

ありがとう

授業参観。
二年生たちの元氣で大きな歌声で
 
「ありがとう」のシャワーを全身に浴びているうちに
不覚にも涙してしまいました。
 
子どもたちのあまりにも大きな愛のエネルギーに
胸がいっぱいになって。
 
 
彼らはまちがいなく、天使だ。
 
毎日たくさんの愛を親たちに与えてくださって
ほんとうにありがとう。
 
 
s-CIMG2073.jpg
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

天使の冬休み

冬休み最終日は、
娘たちのリクエストに応えて難波のアイススケート場へ。
 
この冬休みは6日間も離れて過ごしたので
帰阪した日の夜は、彼女たちの存在がただひたすらに有難くて
 
「共に暮らしてくれてありがとう」
 
と、思わずお礼を言ってしまったのでした。(^^ゞ
 
 
寝る前には一緒に新学期へ持ってゆく雑巾を縫って
 
枕元ではいつもの「おやすみの唄」を歌って
 
さあ、明日から
新たな学校生活が始まるね☆
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

天橋立

天橋立は

龍の住処であり、故郷でした。
 

CIMG1879.JPG
 

海が、風が、空が、雲が、
 
水が、鳥が、山が、太陽が
 
すべて近くにあって
  
 
人も、空間も、
 
安らいだ龍の息遣いとともに暮らしているような。
 
  
 
天橋立の中にひっそりと佇む 「橋立明神」 には
 
すぐ両側を海に挟まれながらも
美味しい真水がこんこんと湧き出ていてる 「磯清水」 があり、
 
社に近づくと、優しい雨が降り注いで
龍が迎えてくれました。
 

CIMG1747.JPG
 

CIMG1751.JPG
   

そして天橋立を渡り終えると
念願の 「与謝宮(匏宮・よさのみや)」 へ。
  
 
ああ
 
懐かしい場所、
懐かしい再会。
 
 
真名井原の竹林を歩きながら
こころと身体がどんどん解けてゆくのを感じました。
 

CIMG1790.JPG

 
ここはイザナミのふるさとであり
 
奥宮にある磐座は
彼女の父となる豊受大神が入られたドルメンでもあると
古文書『ホツマツタエ』 には伝えられています。
 
奥の杜にひっそりと佇むこの空間は
ほんとうに神秘的で、優しくて、懐かしくて。
 
ここにも 「天の真名井の水」 という霊水が
湧き出し続けていました。
 
 
CIMG1795.JPG
 

そして翌日になり、ロープウェイで登って
ついに天橋立を見下ろすと・・・
 
まさしく 「飛龍観」 と呼ばれる、その名の通り
天橋立そのものが
  
龍のお姿だったのです。
 
 
CIMG1903.JPG
 

途方もなく長い間
 
この国を、人々を、
守り導き続けてきてくれた
 
龍の愛に
 
胸が熱くなりました。 
 
   
そして龍の姿をしているこの日本という国に
いま、生かされていることへの
感謝と喜びに深く包まれたのでした。
 
 
 
イザナキがイザナミに会うために
天から降ろした浮き橋であったという 「天橋立」 。
 
  
氣がつくと、
頭上にはよく鳶のつがいが飛んでいて
 
夫婦の二人旅を祝福してくれているかのようでした。
  

CIMG1904.JPG


また夜の居酒屋にて出会えた
地元・宮津で魚屋さんを営まれている
素晴らしいご家族の姿にも深く感銘を受けました。
 
 
2017年は
 
鶴と亀が
男と女が
 
いよいよ一つとなって循環し
新たな渦を作ってゆく時代となるのかしら・・・
 
 
そんな予感と祝福に包まれた旅でした。 
 

CIMG1897.JPG

posted by 千晴 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

見えない贈り物

昨日、クリスマスの朝は
聖なる涙が流れた。
 
「サンタさんのプレゼントは9歳まで」
 
という我が家の決め事のなか
 
サンタを信じないお友達には抵抗しつつ
サンタを信じるお友達には同情されて
 
複雑な心境のうちに
ひとり孤独に耐えていた11歳の長女。
 
 
イブの夜、
突然、意を決して「手紙を書いてみる。」と。
 
 
そして翌朝・・・
 
 
クリスマスツリーの下、妹へのプレゼントの傍に
サンタさんからの初めての「返信」を発見した彼女。
 
感動で震えながら、親たちのところへ戻ってきた。
 
 
「これまでで一番幸せなクリスマス・・・」
 

彼女はそう言って、涙を流した。
 
 
あまりに清らかなその佇まいに 
家族四人とも思わず朝から布団の上で涙ポロポロ。。
 
 
 
クリスマスの朝は
子どもたちだけでなく
 
大人たちも
子どものピュアな魂に洗われてたくさんのギフトをいただけるのだと
改めて氣付かされたのだった。
 
 
「目には見えなけれど大きなプレゼントを、
 今年もここへ置いてゆくよ」

 
 
大人には分からない大切な何かを、
サンタさんから確かに受け取った彼女の瞳は
 
喜びと、感謝と、信頼に溢れて輝いていた。
 
 
posted by 千晴 at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

わたしが拡大する

最近、成長してきた娘たちを見ていると
まるで自分が増殖したような氣になるときがある。
 

自分の代わりに
 
食卓にキャンドルを灯したり
手紙を書いたり
木に登ったり
お菓子を焼いてゲストに出してくれたり
全力でドッジボールを投げたり
孤独感に苛まれたり・・・(苦笑)
 

特に教えた訳でもないのに
みんな、自発的に。
 
なんだかすごーく不思議だけど
同時にすごーく豊かな感覚でもある。
 
  
彼女たちがこれから
どんな人生を選び、歩むことになろうとも
 
わたしはそれらに全力で関心を注ぎ、
応援し続けたいと想う。
 
きっとそれは、
拡大したわたしの人生でもあるのだろうから。


s-CIMG1368.jpg

posted by 千晴 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

親の鏡

反抗期?ただのワガママ?
そう思いながら対応に疲れていた夜。
 

ほんとうは、そうじゃなかった。
 

悔い改めるべきは親のほうだったんだ。

 
半ば無意識となっていた自分たちの悪癖に
身体を張って気付かせてくれた二人の天使。
 
今までほんとうに、ごめんね。そしてありがとう。
 

 
新月の今日。
わたしは、我が家は、また新しく生まれ変わる。
 
 
去年から15cmも伸びたモミの木の
飾りつけもしようね。
 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

素敵な郵便屋

小学生のお友だちから次女に届いた手紙。

宛先が 「てづかやま」 までしか書かれていなかったけれど
 
次女が表で遊んでいたら

「今回は特別だよ」 って郵便屋さんが手渡してくれたらしい・・
 
きゃ〜♡

日本の郵便屋さん、素敵過ぎます〜♡ (≧∇≦) 
 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

ミモザくん

なんて爽やかな秋晴れ!!
 
以前からミモザをホームツリーにするのに憧れてたんだけど
 
この家に越してきたとき、ついに小庭が得られたので
嬉しくて、思わず苗を植えてしまったのでした。
 
ところが少ない日差しと小さなスペースのため
ひょろひょろと伸びていったミモザくん。。^^;
 
でもね、3年が過ぎたら
ベランダを越えてすっかり大きくなってきました!
 

CIMG1163.JPG


CIMG1165.JPG
 

いつかあの黄色いお花を、咲かせてくれるかな♡
 
posted by 千晴 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

賢治の気配 〜命日と秋分と〜

昨夜、テーブルに賢治の本が置いてあったらしい。
 
今朝、父さんが 「誰がこれを?」 と問うたところ
誰も置いてはいない。
 
 
え? 何かのメッセージ?! 
 
 
するとまた父さんが「賢治の命日、調べてみて」
 
 
調べると、

なんと彼の命日は、昨日(9/21)だったのだ!

ぞくぞくっと鳥肌がたつ。

今年は生誕120周年でもある。
 
 
さらにふと長女がその全集を開くと

出てきた物語は 『河原坊』。
 
河原で賢治が

古(いにしえ)の方たちと交流する物語だった・・
 
 
秋分のお彼岸で

彼が私たちに会いに来てくれたのかなと思ったら

なんだか嬉しい気持ちに包まれた。
 
 
「サンタさんみたいだね」と、

長女が言った。
 

14446052_1143336789079699_6676918697046940895_n.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

初ミシンな娘たち

台風のため思いがけず4連休となった娘たち。
暇を持て余した長女がふと、
 
「ミシンで何か作ってみたい!」
   
そうして初めてのナップザック作り。


CIMG0954.JPG

 
次女は姉の「家庭科」教科書を見ながら
手縫いでティッシュケースを完成!
 

二人とも大満足〜♡
うんうん、嬉しいよね!楽しいよね〜!(≧∇≦)
 
母はなんだかんだと自分の時間が持てませんでしたが・・(*_*)
 

最近眠っていたミシンさんも
これから彼女たちが活用してくれたら喜ぶだろうな!


CIMG0947.JPG
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

満ち足りた夏

夏休み最終日。
子どもたちのリクエストで結局遊びに行った〜
 
大人たちは 『シン・ゴジラ』、
子どもたちは 『ルドルフとイッパイアッテナ』 鑑賞。^^
  
「なんだか今年の夏休みは
 とても充実してたよね〜」
って上娘。
 
うんうん、わたしもそう思う!
 
新学期の今朝、娘たちの久しぶりの制服姿が
まるで数年ぶりくらいに懐かしく感じられたのでした。^^


s-2CIMG0913.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

平田志穂子 ソロライブ!

諏訪印、夏休み最後のお楽しみは
妹・しほちゃんのソロライブ!!(≧∇≦)
 
ライブ経験は中野サンプラザでの宇崎竜童さん以来・・
という娘たちも、俄然張り切っております!笑
 
「アットホームなライブを」だって♪
むふふ、楽しみだぁ〜〜〜ん♡
 
 
●平田志穂子「お待たせしましたTOURです」  


14142062_1099649143449083_8293231733863971987_n.jpg
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

願いを叶える日

0825.jpg


お姉ちゃんが友達の家に泊まりに行ってしまったので
残された妹ちゃんの願いを叶えるデート♪
 
まずは憧れの「猫カフェ」体験。
そして、楽器屋さんのピアノで新曲を作って
落としてレンズの外れたサングラスをなんとか直して
「帝塚山セレブ」ごっこ。笑
 
都会の休日を満喫〜♡^^
 
ラストは「夢の中でママと新婚旅行に行ってくるね♪」と言って、
眠りに就きました。
 
 
夏休みも、あとちょっとだねー
  

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

タコス!

親子ゲストさんを招いて、
これから初タコス・パーティ!
 
自作の折り紙とポスターで
盛り上げ準備の子どもたち。 (≧∇≦)
 

s-2CIMG0796.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

休日のリクエスト

昨日の「海の日」。

家族みんなの休日だったので、
娘たちは何を求めてくるのかな〜と覚悟していたら・・・
 

リクエストはなんと

子ども部屋の断捨離&模様替え! (゚ロ゚」)」
  

そこで母子三人、5時間近くかけて取り組みました。

 
成長とともに、
おもちゃやままごとコーナー、ぬいぐるみ達のスペースが
本や教科書、学校の勉強道具等に変えられてゆきます。
 
それでもバイバイできなかったぬいぐるみは
次女の提案「即席ハンモック」で壁に納めることに♪^^
 

s-2CIMG0322.jpg



s-2CIMG0319.jpg


ひゃ〜〜すっきりしたねー!

 
整理や片付けの喜びと爽快感を、
娘二人とシェアできるようになったことが
ママとしてはとても幸せでした♡
 


posted by 千晴 at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

本日はおデート♪


語ることの尽きない不思議。

変容の6月も、明日で終わるね。 


s-2CIMG0272.jpg 


 
posted by 千晴 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

鉛筆つなぎ

昔から「鉛筆削り」が好きで、
今でもこっそり娘たちの色鉛筆とか削ったりしてたのだけど
 
FBで「TSUNAGO」という、小さくなった鉛筆同士をつなげる
素晴らしいキットを教えてもらってから、すっかり夢中に。
 
家にある鉛筆だけでは物足りないので
姉娘にお願いしたら、なんとクラスメイトから
小さくなった鉛筆たちを預かってきてくれた!(≧∇≦)
 
わーい!わーい!
5年1組の皆さん、私の衝動に協力してくれてありがと〜!笑 
 
 
それにしてもみんな、
こんなに小さくなるまで大切に鉛筆使ってるんだなあ。
 
合体してまた持ちやすくなったら
喜んでくれるかなー
  

s-CIMG0164.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

魂友として

仲良しだったはずのお友達に、
いきなり意地悪なことを言われたといって
大泣きしながら帰宅した妹娘。
 
 
妹と一日交代で隣に寝てるのに
「なんだか今夜ママの隣で眠れるのって、
 100年ぶりくらいな気がするんだよね♡」という姉娘。
 
彼女は寝床で
「ごみ山に裸足で暮らす外国の子どもたちに
 いつか日本の草履を配りに行きたい」 という夢を語った。
 
 
毎日、毎日、いろいろな出来事に新鮮に出会い
全身でその体験を味わって、まっすぐに向き合っている 
 
眩しくて愛しい、天使たち。
 
 
彼女たちのこころに
私も新鮮に、全身で、寄り添っていたい。


DskFPeIYYblO5YrJ.jpg



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

"子ども時代" の習慣

  
 おやすみなさい 
 あしたさめるまで
 
 いつもみなを 
 かみはまもりたもう
 
 おやすみなさい
 
 
 
 
娘たちが寝る前に
私にせがむ歌。
 
小さな小さな歌。
 
確か中学1年の合宿のときに習ったものだと思う。
 
これを歌ってあげると
彼女たちはすぐに「眠りの国」に行けるらしい。
 
 
 
夕飯の前には
20代の頃に『ひびきの村』で習った食前感謝の歌を
手を繋ぎながら家族でずっと歌い続けている。
 
 
 
自分には体験のない、“子ども時代” のこうした習慣は
 
大人になったとき
どんな力となってゆくのだろう。
 
  
彼女たちの成長を通して、
私はそれを追体験するのかな。
 
 

ss-CIMG0148.jpg  


 
posted by 千晴 at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする