2006年03月06日

小さな泉

今の私には何の功績もないし、ほんとにいろんなことがあって、
ゼロ地点です。

だからよけいにそう感じるのかもしれませんが、
何かの業績や肩書きの上にたつんじゃなくて、
他人の評価ではない自分自身の上にしっかり立てる人間になりたい。

誰かの「えらさ」にくっついて自分を美化する価値観ではなくて、
ただ自分の中から湧き出る小さな泉を静かに守ることが
自分の真中にすとんとおちている生き方。

ゼロ地点でいろんな想いを経験したからこそ、
物事に踏み込んでいく時の出発点として忘れないこと。
これからもゼロ地点はやってくるだろうし。

それでそれを一人でこれが「生き方だ!」とふりかざすんじゃなくて、
そんな自分の目指す先をいいねといってくれる人と一緒に進んでいきたいです。


                    同世代 大切な友人のひとり N.N.
posted by 千晴 at 00:00 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分を裏切って生きてはいけない。

自分を裏切って生きてはいけない。
自分の真実をいきなさい。
どんな犠牲を払おうとも。

浄化のときを経て
真実以外のものは剥げ落ち
自分の真実だけが残るのですよ。

自分を敬いなさい。
もっと自分を愛しなさい。

             Vanessa
posted by 千晴 at 00:00 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

不幸を感じたら

 不幸を感じたら、
 幸福を選択できる機会を与えられたことに感謝するべきです。

 束縛を感じたら、
 自由を選択できる機会を与えられたことに感謝するべきです。

 不安を感じたら、
 愛を選択できる機会を与えられたことに感謝するべきです。

 それを感じていたい場合は別にして。


               自然医食フォーラム 西川勝也
                     
posted by 千晴 at 00:00 | 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

「響いた言葉」について

中学生のころから、自分の奥深くに響いたことばに出会うと、
専用の「ことばノート」に書き留める習慣がありました。

自分の奥に、響いた言葉。

それはどんなところにもあって、
思いがけないところだったり、
さりげなかったり、いろいろです。

でも一度飛び込んでくると、
それ以来、自分のなかでずっと生き続けて、
だんだんと生きる上での大きな力になっていくこともあります。


それらが果たして普遍性を持った、生きたことばなのかは分かりませんが、
せっかくなのでこちらでも紹介させていただこうと思いました。


そしていつかは、
私自身からもこんなことばを発せられるようになりたいな!


posted by 千晴 at 00:00 | 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする