2017年09月07日

太陽の神に捧ぐ歌

時が経つほどに
この歌が
喜びを増して響いてきます。
 
巫女舞合宿で習った
「豊栄舞の歌」
 
合宿の最中は
「神さまの前で失礼にならないように!」
と思えば思うほど緊張し
 
かえって歌も舞もぜんぜん覚えられず、
舞うことばかりに必死だったけど・・^^;
 
それでも最後の奉納発表会のときには
横で歌っているうちにこころが震え
涙が込み上げてきたのでした。
 
太陽の神さまを尊ぶ歌なのです。
 
  
 あけの雲わけ うらうらと
 
 とよさか昇る 朝日子を
 
 神のみかげと 拝(おろが)めば
 
 その日 その日の 尊しや
 
 
 地(つち)にこぼれし 草の実の
 
 芽ばえて 伸びて 美(うるわ)しく
 
 春秋飾る 花見れば
 
 神のめぐみの 尊しや

 
 
わたしの感覚では
「太陽」の神さまは男性性(精神)のイメージ。
 
その太陽を祀る巫女(日巫女・ヒミコ)とは
太陽の精神を受け、育む
「大地」のような存在なのでしょうか。
 
 
いまは毎日のように
この歌とともに過ごしています♪
 
 
21122506_1438289256220343_6715379440918733699_o.jpg

  
★9/9 菊の節句にいよいよ開講!
「丹生都比売・言語造形クラス」


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

美容師という道

s-CIMG2921.jpg


ひっさしぶり過ぎる美容院体験が
あまりに氣持ちよくて嬉しかったので
 
ひっさしぶりに自撮りにトライしたものの
やっぱり不自然・・泣
 

帝塚山にオープンして以来、
ずっと通っている jurrian-may のマッキーさんは
わたしと同世代。
 
20歳から美容師として10年修行され、
お店を担って独立されてからも、
もうすぐ10年とのこと。
 
その間、毎日のサロン業務の外に
挑み続けてきたヘアデザインコンテストも
40歳となる今年は大きな節目となるようです。
 
そんな熱いマッキーさんのお話は
10年遅れて道を歩み始めた自分にとって
いつもいろいろな学びと励みとなっています。
 
やっぱり出会いってご縁ですね♪
 
わたしも40歳となる来年は
どんな節目を迎えているのだろう・・
 
ジュリアンメイの皆さん、マッキーさん、
今日もありがとうございました♡
  

★9/9 菊の節句にいよいよ開講!
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
posted by 千晴 at 16:02 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

不思議の集い

IMG_0619.JPG


昨日は急遽、住吉さんにて
「在日イスラエル人(通称)」の集い。笑
  
「日本」への愛を語り合う、
不思議で豊かで楽しいひとときでした♡
   
美佐子さんの「集まらされた感、満載」って表現が
まさしくな感じ!(≧∇≦)
 
いったい何に集まらされたんだろ〜!?^^;
 
 
★9月スタート!
『丹生都比売・言語造形クラス』

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

巫女舞合宿に参加して

IMG_0592.JPG


IMG_0596.JPG


巫女舞合宿、素晴らしい体験でした。

 
和歌山の「天野」という地で
「丹生都比売神社」という空間で
寝泊まりしながら三日間も過ごせたこと。
 

IMG_0586.JPG


IMG_0605.JPG


見えないところで
たくさんの恵みを頂いたように感じています。
 
また、この時この場で出会ったメンバーは
お一人おひとりがとても豊かな世界を持っておられ
きっと深いご縁のある方たち。
 

IMG_0556.JPG


IMG_0574.JPG


すべての時空間が
感謝と喜びに満ちていました。
 
 
日本の神々というものは
こんなにもありありと、自然に、豊かに、美しく
わたしたち人間の傍にいて
関わり合ってくださっているんだ・・
 
丹生都比売神社という空間は
それをリアルに感じさせてくれるところでした。
 
まるで頬を撫でる、心地よい風のよう・・
 

IMG_0544.JPG


IMG_0549.JPG

IMG_0543.JPG


またそのような空間を創りだしているのは
神の力だけでなく、人の想いと行動、
その共同作業によるものなのだということも
実感しました。
 
日々まごころを込めて、
神と、人に、尽くすこと。
 
神社と、舞と、宮司ご夫妻の姿から
そのようなことを身体で学ばせて頂いたように思います。
 
 
妙なる体験を実現させてくださったすべての方々へ
こころより感謝申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。
  

21175834_1998659990413146_1373718403_n.jpg
 
  
★9月からスタート!
『丹生都比売・言語造形クラス』
posted by 千晴 at 00:35 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

ヤマト出雲とスサノオ

21034505_1497569180323123_3144361061040880826_n.jpg

昨夜は一晩中、
この剣がわたしの身体を貫いていました。
 
ものすごい存在感に圧倒されたまま
でも、それと共にいることに
深い喜びを感じていました。
 
 
ヤマト・出雲の地に坐す
笠山荒神社。
 
これは
スサノオのお墓なのでしょうか。
 
 
ここでは
サプライズな出会い?再会?がありました。
 
出会ったばかりの彼女とともに
秘められたこの場所に辿り着きました。
 
初めて知るお互いのいろいろな繋がりを喜び
笑い合っているときに、ふと、
 
 
「スサノオさんて、きっと
 愉快で面白い方だったんだ!」
 
と直観が。
 
こんな素敵なサプライズを用意してくれて
きっと「ガハハ」と笑っているんじゃないか、と。
 
拝殿の雰囲気も、
陽気でほがらかな印象を受けました。
 
 
かつてこの地に住んでいた
古代・出雲族の方々の 
そんな一面に触れることのできたような
 
満ち足りた喜びの一日でした。
 
 
この日も四か所すべての神社に
黒アゲハさんが現われて舞ってくれたよ〜♡
 
posted by 千晴 at 11:16 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

六甲山の磐座巡り

瀬織津姫さまに誘われ
神戸の六甲山へ。


IMG_0501.JPG

 
六甲比売神社(セオリツヒメ)
山頂の磐座(アメノホヒ)
六甲山神社(シラヤマヒメ)
そして越木岩の磐座(ニウツヒメ)。
 
舞台「丹生都比売」で出会ったモリヤさんに
念願のこの地を案内していただきました♪
 

IMG_0483.JPG

 
どの空間も清々しく、美しく
水といのちに満ちていて。
 
驚いたことに
 
このすべての祠に
大きな黒いアゲハ蝶が現われ
ひらひらと舞ってくれたのでした♪
 
(黒アゲハは瀬織津姫の使いだとか!?)
 

IMG_0515.JPG

 
瀬織津比売さま、丹生都比売さま
モリヤさん、そして純子さん
 
素晴らしい夏休みの一日を、
どうもありがとうございました!(≧∇≦)

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

身体の声

身体の声は
根源からの声だった。
 
意識の力で凌ごうと、努力してみたけれど
 
やっぱりわたしにはまだ
無理だった。
 
 
人前で素っ裸になるような勇気を振り絞り
そんな身体の「本音」を伝えたら
 
ずっと滞っていたものが動き出し
金色のエネルギーがとめどなく入ってきて
涙が溢れた。
 

imgd2e0c411zik7zj.jpeg

 
かつて修道院で
この方にお会いしたとき
  
「今生は、娑婆で生きることを決めて
 生まれてきたんだ!」
 
そんな確信を抱いたことを想い出した。
 
 
それはきっと
「身体の声」を大切にして生きるということ。
 
また
「意識」の仕事とは
「身体」の声を凌ぐのではなく
聴きとって、寄り添うことなのかもしれない。
 
 
獅子座の新月は
大きな氣づきと恩寵をいただいた一日だった。 
   
 
● 8/5(土)演劇『丹生都比売』



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

丹生の地へ 川の禊

二上山、畝傍山、天香具山、
宇陀、橿原、そして吉野へと
 
まさに『丹生都比売』の舞台となる地を
通り抜け
  
丹生川上神社中社へ。
 

CIMG2805.JPG


さらに川上に在るとても古い社
摂社・丹生神社では
 
わたしたちが到着した途端に
ご神事が始まったのでした。


CIMG2820.JPG
 


ここは
神武がナガスネヒコとの合戦に向けて
魚見占いをした所。
 
そして
持統が丹生都比売の導きを求めて
30回以上も通い続けた所。
 
まさしく今回のお芝居における
二つの舞台背景が
交差する空間だったことに
帰宅してから氣付いたのでした。^^;
 

CIMG2832.JPG

 
その後は、
神社の真ん前を流れる高見川で
毎年恒例の川遊び♪


IMGP9637.JPG

 
わたしは飛び込みで
禊ぎ!!(≧∇≦)
  

IMGP9697.JPG


美しい川とお水が
心身を洗い流してくれました。 
 

IMGP9712.JPG

 
● 8/5(土)演劇『丹生都比売』


posted by 千晴 at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

和歌の浦 〜巨木の山〜

念願の玉津島神社・塩竈(しおがま)神社へ
行ってきました。
 

玉津島神社は
ワカ姫(丹生都比売)のために建てられたという
和歌山県・和歌の浦のお宮。
 
IMG_0399.JPG


塩竈神社は
「鏡山」という小さなお山の洞窟にあるのだけど
 
IMG_0464.JPG


なんと山自体が、
あまりにも巨大な「木」でできているのです!!
 

IMG_0455.JPG


IMG_0420.JPG


何千年、何万年と経って、
「木」から「岩」になったのかな・・
 
その鏡山から
穏やかな和歌の浦の景色を眺めながら
 

IMG_0421.JPG


生きた「いのちの大地」に立たせてもらったような
不思議な安心感と喜びに包まれたのでした。
 


posted by 千晴 at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

「わたし」という宇宙

いて座の満月。
 
午前中は『生誕劇』クラス、
午後は『水素フォーラム』へ 行ってきました♪
 
どちらもなんだか
繋がっている仲間たちとの時間が
 
心地よくって、ほっとして。
 
 
『生誕劇』クラスからは
キリストの愛と精神を
 
『水素風呂』からは
氣持ちよさと健康を
  
 
「好きだなあ」って思える
素敵な方たちとともに分かち合いながら
 
つくづく自分は
恩寵のなかで生かされているんだなあ、と。
 
だって
これらの出会いも出来事もすべて
 
自らの頭から創造したものではなく
天から与えられたものだから。
 
 
また一方では
帰り道の美しい夕空を眺めながら
 
「これらすべてが『わたし』なのだ」
 
という真実にも打ち抜かれ
深い安堵と喜びに包まれたのでした。
 
 
 
 もう、何も恐れなくていい。
 
 何も心配しなくていい。
 
 守らなくっていい。
 
 「わたし」というこの宇宙を
 
 安らぎのなかで体験してゆこう♡

 
 
 
● 『生誕劇』クラス

● 『水素風呂』のリタライフ

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

ゴッホと賢治

次女が学校で借りてきた
『ゴッホ』の伝記マンガ。
 
ふと氣になって読ませてもらったら
宮澤賢治との共通点がすごく多くてびっくり!


18920779_1383212621759399_6972202385382609656_o.jpg 


・同時代(1800年代後半)生まれ

・37歳で死去

・亡くなるまで作品はほぼ評価されず

・繊細で直情的な性格ゆえに孤独

・唯一の理解者は弟(ゴッホ)や妹(賢治)

・宗教に過剰に傾倒する時期がある
 
 
そして100年が経ち
そんな彼らを他人とは思えず
 
遺された作品から
力をいただき続けている自分がいる。
 
 
「人間」という生き物の
貴さを想う。


★ 6/18(日) 『おはなしペチカ』〜夏至〜


posted by 千晴 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

白木蓮の声

こんな季節に一輪だけ
白木蓮の花!
 

IMG_0354.JPG


葉が生い茂る中で咲いているところ
初めて見た。
 
 
『 自分のペースを 大切にしてね 』
 
  
そんなささやきが
聴こえたような氣がした。
 
posted by 千晴 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

龍宮の扉

「わたしは、わたしの外に出る!」
 
突然にそんな願いが湧いた、双子座の新月。
 
その四日後に

懐かしくも愛おしい、いつもの神社で
 
「境界線が溶ける」
 
という体験が訪れました。
 
 
世界と自分
 
神と人
 
あなたとわたし
 
 
溶けてゆく 
 
そんな境界線
 

ついに龍宮の扉が開き

「水」 の6月が始まります。
 

18839341_1836827596580052_3029947077126796181_n.jpg


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

産土神

産土(うぶすな)神に会うために
堺の大鳥大社にお参りしてきました。


IMG_0311.JPG
 

IMG_0286.JPG


ヤマトタケル。
 
神奈川の地で産まれたときから 
今でもずっと守ってくださる神さまに
 
ようやくお礼を伝えることができました。


IMG_0306.JPG
 
 
脈々と続いている
このいのちの繋がりと
 
日本人として
いまここで生かされていることへの
感謝を込めて。
 

IMG_0274.JPG


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

男は「してあげたい」

ねぇ、知ってた?
 
男ってじつは「女の願いを叶えてあげたい」と
願っているんだって!
 
神さま、みたいじゃない?
 
 
ねぇ、知ってた?
 
でも男ってじつは、その「女の願い」を
ことばでちゃんと伝えてもらわないと
どうしたらいいか全く分からないんだって!
 
神さま、みたいじゃない?笑
 
 
この真実を初めて知ったとき、
わたしは心底、心底驚いた。
 
我が家の男に
何度も何度も確認してしまった。笑
 
 
だって男が女に願うことって
母親のように「何でもしてもらうこと」
だと思っていたから・・・
 
 
ほんとうは
 
「してもらう」 より 「してあげたい」
 
存在だったなんて・・・
 
 
 
そして同時に氣づいたこと。
 
それは
女である自分は
  
「願い」を抱くことも
それを相手に伝えることも
  
とても苦手で
罪悪感すら持っていたということ。
 
 
男にも
神さまにも
 
願いを抱いて、それを伝えることなんて
ずっと怖かったよ。
 
 
 
もう罪悪感は脱ぎ捨てて
 
内なる「願い」を見出してゆこう。
そして、相手にもちゃんと伝えてゆこう。
  
  
s-sub-buzz-17501-1487817894-11.jpg


posted by 千晴 at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

わたしの主導権

「あたま」よりも「からだ」が
「左脳」よりも「右脳」が
 
日々の行動を
どんどん先導するようになってきた。
 
たとえば
同じ映画を7回(!)も観に行ったり♪
 
夢の中でお札をもらった神社へ
ほんとうにもらいに行ってみたり♪
  
 
もう、左脳からすると
ばかげていて理解不能な行動の連続。

 
だけど 
 
「いい人」や「良妻賢母」なんかを
目指していた頃よりもずっと
 
ずっと愉快で幸せだ。
 
 
『 わたしはわたしを生きている! 』
 

s-IMG_0248.jpg

posted by 千晴 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

からだの対話

わたしは 「ふれあい」 が大好き。
 
家族も、猫も、樹木も、花々も
きゅん♡とくると、とにかく触る。
 
 
「ことば」の対話も大切だけど
 
「からだ」の対話も、きっとすごく大切だよね。
 
一瞬で相手といろんなものを共有できるし、
エネルギーも健やかに循環し始める。
 
何より氣持ちがいいし
こころもほっとする。
 
  
そいえば小学生の頃
 
「結婚したら、たとえ夫婦喧嘩をしても
 お風呂だけは、毎日一緒に入りなさい」

 
って、
実家の常連さんに力説されたことがあった。
(その方は今でも独身だけれども。。)
 
両親が一緒にお風呂に入るところなんて
見たこともなかった自分にとって
当時はかなりの衝撃発言だったけど
 
 
今ではその意味が

よく分かる氣がするな♡
 
 
s-CIMG2633.jpg

posted by 千晴 at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

男女がこころを開くとき

男がこころを開くとき
 
それは男が注ぐ愛を
女が全身で受け取って、表したとき
 
  
女がこころを開くとき
 
それは女がどんな自分を見せても
男が逃げないということを、知ったとき
 
 
男と女の
すれ違いと断絶。
 
それは個人だけの問題ではなく
古代から延々と引き継がれてきたもの。
 
 
イザナギはきっと
いつまでも一緒にいたかったし
愛し続けたかった。
 
「逃げて」しまったけれど。
 
 
イザナミはきっと
どんな自分の姿をも
愛してほしかった。
 
「見ないで」とは言ったけれど。
 
   
showPhoto.jpeg

 
男女のあいだの積年の痛みが
ようやく解かれる時が今、訪れている。
 
真のパートナーシップ。
 
それは一人の人間の
内なる男女のパートナーシップでもある。
 
この二つのエネルギーを循環させることで
人は、真の創造を起こしてゆく。
 
 
神が造られた男女というものが
その喜びに打ち震える時代が
 
ようやくやってきたのだ。
 
 
posted by 千晴 at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

対話とパートナーシップ

真のパートナーシップを築くために最も大切なこと
それは 「対話」 ではないか、と思う。
 
あくまで “対等” な関係性において
本音を伝え合う、対話。
 
 
けれども
大切な相手、大切な空間、大切な関係性ほど
 
それを壊してしまいたくないから

もっと傷つくのが怖いから
 
 
女は
本音を飲み込んで、こころに蓋をしてしまいがち。
 
男は
問題の本質に踏み込むことから逃げてしまいがち。
 
 
自分の本音を伝えることも
問題の本質を問うことも
 
とても怖いし
勇氣のいること。
 
 
けれども逃げずに本氣で向き合って
死ぬ氣でこころを開いて
相手にことばを伝え始めるとき
 
 
パートナーシップには
とてつもなく深い氣付きと
真実のエネルギーが溢れ出してくる。

 
内なる問いの答えもすべて
ここに詰まっている!
 
 
怒ってもいい
泣いてもいい
 
対話どころかバトルになっても全然いい。^^
 
 
「もうええわ」
「自分さえ我慢すれば」
 
そんなセリフで本音を閉じ込めないで
 
感情も、考えも、
湧いてきたものはすべて表に出して
相手に伝えていこう。

 

そこには驚くばかりの
叡智と祝福が、隠されているから。
 
 
5068a75963142e0526b305d90ab72ab4.jpg


バトル中の自分達の様子にあまりに似ていて
苦笑した映画のワンショット。笑
(映画ではバトルはしていません) 
 
なにかあるとすぐ
「岩戸」に閉じ籠ろうとするわたしと
忍耐強く「対話」をしかけてくれる夫。。
 
 
 
posted by 千晴 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

女は「鏡」

どんな光も受け止めて

己に反射させて輝きを放つ
 
 
そして深いところでは

LEDよりも太陽のような

芯までも温める光に照らされることを

願っている
 
 
ときに激しさや厳しさがあったとしても

己の奥の闇を照らし
 
不安や恐れよりも

希望や勇氣、情熱や喜びを促すような
 
 
そんな光(精神)に照らされることを
 
 

女は光(精神)そのものを担う者ではないが

天から降り注ぐ光を

この地で世界中に広げてゆく
 
 
願わくば

そんな純粋な太陽の光を

そのままに反射できるよう

曇らせずに磨いていたい
 
 
kurozuka.jpg



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする