2017年04月16日

復活の祭

 夢追い人たちに、乾杯
 愚かに見えるかもしれないけれど
 胸の痛みに、乾杯
  
 大事なのは少しの狂気
 それが誰も見たことのない色を放つ
 
 行き着く先なんて
 誰にも分からないでしょう
 
 だから私たちみたいな存在が
 必要とされるの
 
 おいで、反逆者たちよ
 波紋を生む小石よ
 画家に、詩人に、役者たちよ
 
 夢追い人たちに、乾杯
 愚かに見えるかもしれないけれど
 張り裂けそうなこころに、乾杯

 
 (映画『LALALAND』より)
 
 
復活祭。
 
「世のことば」であるキリストが
 
甦った日に。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

男というもの

男は純粋だとか
ロマンチックだというけれど
 
だからこそ
 
ものすごく真っ直ぐに
何があってもブレないほどの
愛を
 
持つことが出来るのかもしれない。
 
 
男って、すごいな。 
 
 
そのあまりの深さに
体が震え
涙がとめどなく流れた
 
 
天秤座の満月


s-CIMG2505.jpg

posted by 千晴 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

四年越しの出会い

「ホームツリーにミモザを♡」
と憧れつつ・・
 
この家に越してきて小さな苗を植え、
四年目。
 
ついに初めて
あの黄色いお花を咲かせてくれました!
 

s-CIMG2385.jpg


ミモザくん、
おめでとう&ありがとう!!(≧∇≦)
 
 
(手前のハーデンベルギアも含め、当初は一階の小庭で愛でる予定だったのだけど。。^^;)


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

たつ

空の龍=タツ。
海の龍=ミツチ。
 
かつて日本で
龍はそのように呼ばれていたという。
 
 
以来、「タツ=立つ」 という言霊が
こころに響き続けている。
 
  
この宇宙という扇の
かなめぎとして「立つ」こと。
   
そこからきっと
わたしの新しい人生が始まるのだろう。
 
 
木蓮の花たちが
毎年こころの琴線に触れるのも
 
この凛とした立ち姿に
「タツ」 としての在り方を
感じていたからなのかもしれない。


IMG_0167.JPG

posted by 千晴 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Who's calling?

昨日から
朝の目覚めのまどろみに
声がする。
  

 いのちの祝福を!
 
 いのちの祝福を!

 
 
そして金色に輝いて見えてくる
この世界のひとつひとつに
 
ワクワクしてきて
つい起きてしまう。
  
 
Who's calling? 
 
 
春分後
大変容と眠りの一週間を過ぎて。


s-IMG_0150.jpg

posted by 千晴 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

万代池と白龍さん

龍神さまが祀られている万代池。
今日も大きな白龍さんが悠々と♡

s-IMG_0185.jpg


posted by 千晴 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

ゼロの扉が開く日

3月21日。
 
ふと衝動的に観に行った映画
『 LA LA LAND 』。


まるで頭がガバっと割れて
その裂け目から
宇宙の真実を垣間見てしまったような感覚に。
 

え、これって覚醒映画だったの?笑
 

いや、ストーリーはあまり
関係ないのかもしれない。
 
だけどものすごい変容が
この身に確かに起こったのだった。
 
 
3.2.1...「0」(ゼロ)!の扉が開くというこの日、
 
偉大なる「いのち」の存在に圧倒されて
涙と震えが止まらなかった。 


la-la-land-ver2_5q2v.jpg

posted by 千晴 at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

祝福の虹

いつも写真やメッセージに
深く共鳴していた トルネード純子さん
ついにお会いすることが出来ました。 
 
春分前の3.15☆グループセッション。
 
 

懐かしい出会い、
そして新たな生まれ直し。
 
長い、長い間
秘めておかねばならなかったものたちを
ようやく表に出せるときが来たのです。
 
 

琵琶湖にかかった
この大いなる祝福の虹は
 
きっと生涯の支えとなるでしょう。
 

 
純子さん、そして皆さん、
妙なる体験を
ほんとうにありがとうございました。
 
 
新たな創造へ向かって
 
この大地に深く根を下ろし
いま、ここに「在る」ことの喜びを
全身で表現してゆこう!


s-053.jpg

posted by 千晴 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

龍の導き


再び、龍穴へ。

室生のエネルギーに満たされる。



s-032 (2).jpg



s-007 (2).jpg
 


いま、ひとりこの地へ導かれるのも

必然なのかな
 


s-017 (2).jpg



s-018 (2).jpg

posted by 千晴 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

不足と充足

「考えて」 いると、
不足や不安が湧いてくる。

「感じて」 いると、
充足や安心に満たされてゆく。
 

世にも、人にも、神々にも

この 「感じる」 を通して
向き合っていたい。  
  


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

龍穴神社と白龍

バスを降りた途端、
 
輝き始めた太陽のまわりに
ぐるりと美しい彩雲が。
 

16938871_1285023001578362_1673458503016545718_n.jpg


そして目指す山の上には
廻りながら登ってゆく白龍の雲。
 

17097171_1285017154912280_2396316630618674622_o.jpg 


室生・龍穴神社。 

年末からずっと行きたかったところでした。 
 
鳥居の辺りから
もう空間の霊妙さが素晴らしくて。
 

16938896_1285017224912273_533925336814425720_n.jpg


白龍さんのお導きに
感謝が溢れた一日でした。


posted by 千晴 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

久しぶりのkraja会

16996148_1100008416792173_2000074392130495950_n.jpg


北欧輪唱&KRAJAを歌う会 Vol.4 。
 
来月の おはなしペチカ.003 でライアー演奏も
してくださる足利智子さんが講師をされています。 
 

「ことば」「言霊」に生きる日常から離れて
「ねいろ」「音霊」に包まれたひとときは
 
美しくも新鮮なリフレッシュタイムとなりました♪
 
 
北欧伝承歌を伝えるべく活動されている
野間美紀さん。
 
自ら発酵&ローストしたカカオ豆で
お菓子を焼いてくださった
いずみさん。
 
そしてライアーを手作りして奏でたり、
愛するスウェーデンのコーラスグループkrayaを
皆で歌う会を創造している智子ちゃん。
 
 
好きでたまらないもの、
天から己に与えられたギフトを
 
みんなとシェアすること。

 
 
その喜びとさわやかな使命感によって
生きておられる方たちとの再会に
 
満たされつつも
なにか鼓舞されるような
 
素敵な一日をいただきました。 
 
 
主催者のいずみさん、講師の智ちゃん、
そしてご一緒してくださった皆さん、
 
今日もこころからありがとう!


IMG_0008.JPG



posted by 千晴 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発光

毎朝、
まるで葉っぱ自身が発光しているように
見えるひとときがある。
 

IMG_0003.JPG


太陽の光を
今日もいただいて
 
わたしもこの新しい
いのちを輝かそう。
 


posted by 千晴 at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

本質へ還るために

わたしの本質はきっと
 
「左脳」よりも「右脳」派、
「考える」よりも「感じる」系。
 
けれども再びそこへ還るためには
 
今生でがんばって身に付けてきた
「左脳」系の働きとその “想い” を
 
悪者扱いして排除しようとするのではなく
 
「ありがとう」って感謝とともに
抱きしめてあげること、なのかな。


posted by 千晴 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

いのちの愛

頭(いしき)は
こんなにも死へと向かっているのに

体(いのち)は
こんなにも生きようとしている。
 
自分は
こんなにも無価値観に喘いでいるのに

家族は
こんなにも無価値な自分を求めくれる。

 
大いなる、いのちの愛。

 
そこに氣付かされたとき
内奥から深い感謝の涙が溢れてきたのでした。
 
  
毎日 
眠ったり、起きたり、排泄したり。
 
ただそれだけの

自ずと起こってくる行為や出来事こそが
たいせつな価値だったんだということに
 
改めて氣付かせてもらえました。
 
 
ありがとう。
 
 
何かを為そうとすることよりも
いま、ここに感じている喜びに、
 
やっぱり満たされていよう。


ただいま


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

不安を認める

知らないうちに
無理をして、がんばっちゃってた。
 
「今、こうして生かされていること」への感謝にばかり
フォーカスして
 
ほんとうはその奥に抱えていた「不安」を
無意識に避けてきたんだ。
 
不安を凌ごうと、闘い、がんばってしまっていた。
 
 
昨夜、いろんなものが一氣に壊れて爆発した。
 
「だって、不安なんだもん!!!」
 
 
ついには身体が動かなくなり、
今日はめずらしく予定までキャンセルして
夕方まで氣を失ったように眠った。
  
 
子どもの頃から抱え続けてきた想い。
きっと先祖から受け継いでいる想い。
 
これに支配されると
「がんばって」「身を削って」
なんとかしようとしてしまう自分がいる。
 
  
再び目が覚めて、いま、
なんだか憑き物が落ちたような氣分だ。

posted by 千晴 at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

変わりゆく時代とわたし

今日は友人たちの狂言発表会を楽しんだ後
 
娘二人のリクエストで
すごく久しぶりに週末のショッピングモールへ。
 
20年ぶりの「プリクラ」を体験しました。^^;
 

s-CIMG2057.jpg


そのあまりの進化ぶりに衝撃を受けつつも(苦笑)
 
たくさんの人の中に居たせいなのか
ゲーセンという空間に入ったせいなのか
 
すっかり氣枯れして帰宅・・・(*_*)
 
(もしかして、歳ってこと??泣) 
  
 
少しばかりの昼寝のあとに稽古をすると
氣はふたたび充電されて
ようやくいつもの感覚に戻って来れたのでした。。
 
 
こころも体もどんどん変わっていく自分に
少し驚いた一日。


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

氣身が世

氣(精神)と、身(肉体)のむすびを
 
武術として表したのが “合氣道”
芸術として表したのが “言語造形” なんだ! 
 
そしてこれこそが
 
「氣身が世」(君が代)。
 
愛の円環、タントラなんだわ〜! (≧∇≦)



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

行動の星

 地球は行動の星。
 行動した分だけ、世界は確実に変わってゆく。


  
節分に受け取ったこのメッセージが
ずっとこころに響いている。
 
すると今朝、こんな記事との出会い。

 
【全人類必読】本当は誰だって何だって出来るんだよ。 


「百の仕事を持つ」というお百姓様。
まさしく現代のお百姓様の姿を知るにつれ
 
“休日” なんて観念すらなかった
かつての日本人たちの
 
「働く」喜び、生きることの楽しさが
リアルに感じられたような氣がしたよ。 



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

いのちのいりぐち


「いま、ここにこうして居てくれて、
 ありがとう。」

 

“わたし” という存在へ
 
感謝の想いを伝えるたびに
 
背中の翼が少しずつ
 
大きくなってる氣がするよ。


そして “わたし” への感謝はやがて

“いのち” への感謝と変わってゆく。
 

わたし とは、きっと

いのち の入り口なんだね。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする