2014年05月10日

朝と夜

朝5時に目が覚めると
なんだか寝坊してしまった気がしてしまう今日この頃。。
                 
さらには、寝る時間が夜9時を過ぎると
ついつい夜更かししてしまった気がしてしまうという・・・
                                   
いったい私、どうしたの? ^^


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

不思議な一致

夫が敬愛する本居宣長と
私の誕生日が同じだったということが判明して
にわかに盛り上がっていた諏訪印。

するとさらに、

その本居宣長の最愛の伴侶は
夫の誕生日と同じだったということも判明!!

ひゃー!
これって偶然!? ^^


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

瞑想会

昨日、久しぶりに参加した瞑想会で

これまた久しぶりでびっくり&嬉しいママ友との再会があった。

                            -
          
以前に私が紹介したこの瞑想の伝授を

彼女も一年ほど前に受けていたそうで

この一年で、こころも身体もほんとうに楽になったと

きらきらした笑顔で語ってくれた。

                            -
自分のことには疎いけど
ひとの変化はよく見えるものだね。

                            -
私もきっと
これほどに変わってきたんだろうなあ。

                            -

なんだか自分のことのように
嬉しかったよ。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

木蓮


IMGP0142.jpg



この季節

木蓮のつぼみに出会うと、いつも、
胸がきゅっとなる。


ああ、

木蓮も、私も、日本も、母なる地球も


また一つ

冬を乗り越えたんだなあって。


その白く凛とした花の姿に

いつもこころが打たれるんだなあ



IMGP0148.jpg




posted by 千晴 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

何者でもない者


「何者でもない者」 として生きる日々は、

なんて軽くて、 楽しくて、 自由なんだろう ♪



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

ぽいぽいワーク

最近マイブームな呪文。

「何も しなくても いいよ」

こころの中でこうつぶやくと、
途端に体の力が抜けて、
逆に今この瞬間、純粋にやりたいことだけが浮かび上がってくるの。

家族には「やりたいことだけやったらいいよ」なんて言ってたくせに
自身にはまだ「常に何かをしていないと」という観念が残っていたみたい。

この「ぽいぽいワーク」もきっとよさそう!
さっそく今晩からやってみよっと♪


 ●簡単!心がスッキリ軽くなる。ぽいぽいワーク。
 http://www.lifedesignmethod.jp/blog/2014/01/post-152.php


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

「よいお年を」

昨日は職場の先輩から、
今日は馴染みのカフェの店主から、

別れ際、
思いがけない笑顔の挨拶。


「よいお年を」


とたんに互いの境界線がゆるみ


「来年も、どうぞよろしくお願いします♪ 」

と、私も笑顔でご挨拶。


なんかいいなあ。
こんな日本の習慣。

さりげないけど、

一期一会な人とのご縁を
たしかに大事に思い合うこころ。

posted by 千晴 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

清冽

今日もなんだか、
外は清らかな空気に満ちていた。


まるで時間が止まっているかのような
不思議な清冽さ。


まだとても幼い頃、
家の外で一日じゅう土いじりをして遊んでいたときの
あの懐かしい感じを思い出した。



そんなわけで、
年内最後の家族揃っての休日は
私たちの愛する万代池へ、お散歩に ♪


そこには冬の池や木々や鳥たちや空の
静かな清らかさが

うっかりすると
あちらへ連れていかれそうなくらいの鮮やかさで
開示されていた。


冬至を過ぎて

気分はすっかり
さわかやで晴れ晴れとした、新年だ。

posted by 千晴 at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

冬至

今日の冬至は

なんだかさわやかで

さりげなく

冬の空気の冷たさのように

ひっそりとした

喜びに満ちていた。

こんな冬至を迎えられた

すべての存在に感謝。


1514236_715220355162772_988830828_n.jpg

posted by 千晴 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

愛しい日々

ああ愛しい。

どちらが先に、ママとの抱っこ遊びをしてもらうかで
ケンカする娘たち。

この子たちが、
こうしていつでも私の抱っこを求め、
歓迎してくれる日々にも

いつか終わりがくるのかと思うと

切ないような

さびしいような

そんな気持ちになってしまうよ。

posted by 千晴 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

ハレとケ

「ハレの日」を、
またひとつ終えた翌朝の休日。

いつもの休日以上に、
ゆったりと寛いでリラックスしている自分がいる。

静けさと感謝があり、

内側が
何かに満たされている。

ハレの日、
そして、ケの日。

このコントラストを
より意識的に、
はっきりと浮き立たせるような生き方をしていたら

日々の暮らしは
ますます満ち足りたものになってゆくのかもしれない。

posted by 千晴 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

金色の泉

内側の

胸の奥にある

金色の泉に、浮かんでいる。


それはほんとに「金色」で

ぼんやりと浮かんだり、深く潜ったり、

あるいはそのまま溶けてしまったり・・・

その泉に、すべてを委ねてしまう。


まことに不思議なのだけれど

これが私の内側も 外側も

すべてをゆったりと満たしてゆく。


どうやら、

何もしなくていいみたいだ。

そのまま任せていたら

いいみたいだ。

posted by 千晴 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

夢と現実

嫌な夢を見たときには

起きたあと、
その夢に文句を言ったりしない。

「ああ、夢で浄化してくれたんだな」って思う。

でも、
嫌な現実が起きたときには

その現実にあれこれ文句を言ったり抵抗したりする。

ほんとうは、きっと、

現実で起こった嫌な出来事たちも
夢とおんなじ、

浄化なのであって

抵抗しないほうがスムーズに流れてゆくのかも。

いろんな夢で目を覚ました朝に、
ふと思ったこと。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

満期

昨夜はささやかながらも、
第二回「満月の夜の集い」を家族で行うことができた。

そして改めて今、振り返ってみると
昨日は懐かしく喜びある「再会」に満ちた一日だった。

「満月」は「満期」でもあるというけれど、

まさに昨日は、
これまでの様々な人との「出会い」という恵みが
満期となって降り注いだのかもしれない。

静かに、静かに、
感謝の気持ちが込み上げてくる。

これからも、肩ひじ張らずにさりげなく、
この「集い」を続けていけたらと思う。

20131117195429.jpg
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

きりぎりす

気が付いたら
夫が 「 きりぎりす 」 になっていた。(笑)

でもその眼差しや佇まいを見ていると

この変化はどうしても、
素敵なことに感じられてならない。

やっぱりこれからは、
「きりぎりす」の時代が来るのかな♪

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

ねこの手ニャン

真っ黒に汚した靴下を、
お風呂で自分で洗わせるために、

「自分で洗ってね」というと嫌な顔をする次女。

でも、
「 “ねこの手ニャン” でお願いね♪」っていうと、

途端に瞳が輝いて、「うん!」
得意げに洗ってきてくれる。

靴下に手を入れて石鹸で汚れをこする仕草が
ネコの手に似てる・・ってだけなんだけどね。(^^ゞ

子どもって、かわゆい♪ ♡ 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

接客はたのし

は〜♡
やっぱり接客は楽しいなあ。好きだなあ。

しがらみもなく、束の間で、一期一会のお客さんとのエネルギー交換。
呼吸の循環。

なんとなく、
お芝居でセリフをやりとりするときの気持ちよさとも似てる。

そして気付いたら、いつの間にか、
職場自体もとても居心地のいい空間になっていた。
スタッフはみんな、優しくてユーモアがあって気のいい人たち。

どこまでも自分を許すのって、
素敵なことだね。
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

紫陽花


CIMG7045.jpg


引っ越して早々に買った、あじさいの鉢植え。
玄関前で、かれこれ4か月も咲き続けてくれた。

色もいろいろに変化しながら、
ほんとうに長い間楽しませてくれた。

最後は薄い黄緑色になって、ふちは少し赤味もあって
とても素敵な色合いだったのだけど、

ふと、このまま枯らしてしまうのが寂しくなったので、
ドライフラワーにできないかと思い立った。

どきどきしながら切り取って、三日ほど。
こんなに素敵なドライになっちゃったー☆

はああん。うっとりだわ〜〜〜〜
大大大好きなあじさいさん、ありがとう!


CIMG7041.jpg


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

雨な一日

昨日、憧れの水鉢ビオトープが、ついに我が家の庭にやってきた。

水草やメダカたちの存在に、家族みんながときめいている。
(特に一番喜んでいるのは・・・夫かな♪^^* 水鉢を見る目がキラキラしてる!)

カメの喜助は、違う鉢にいるのに新たな生命体をしっかり察知して、
一生懸命首を伸ばして確認したがってるみたい・・

水鉢ビオトープでは、鉢の中で植物と生物が共存することによって、
自然な生態系が作られるんだって。

これからどんな風に変化してゆくのか楽しみだな〜



今日はどしゃぶり。

雨音に包まれながら、

そんなに片付いていない家の中で、

家族がそれぞれ思い思いにのんびり過ごし、

冷蔵庫の残り物で、午後のおやつを子どもと一緒に作ったり、

縁側で庭をながめたり、

雨の踊りを踊ったり。 (←子どもがね。笑)



ああ、なんて幸せなんだろう。

なんて静かで深い喜びだろう。


ゆ〜〜る〜〜ゆ〜〜る〜〜〜



そうだ、ちょっとブレてる気もするけど・・写真も載せてみよう



ゆ〜る〜ゆ〜る〜る〜〜




IMG_6857_512.jpg

↑鉢の左側にいるのが、この間紹介した柿の新芽ちゃん♪        



posted by 千晴 at 17:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

お祭り

去年、大屋さん親子に連れて行ってもらった、家の近くでやっている「だいがく祭」。
ふと思い出して、今年は家族で行ってみました。

いつものあの商店街、あの道、あの公園に、
すごくたくさんの人が集まっている。

タバコをくわえながら出店で焼き鳥を焼いているおばちゃん。
だいがくを担いでいるムキムキマンのお兄さん。
やたらおめかしした10代の若者たち・・・

日常ではあまり触れ合うことのできないだろう様々な人たちが、
ひしめき合い、空間を共にしている。

その輪に入った瞬間、
「ああ、なんか人間ていいな」という思いが、ふつふつとこころに浮かび上がってきました。

  今、ここにいる、
  すべての人が、
  幸せでありますように。

祈りにも似た思いを、感謝と喜びのなかで抱きつつ、
ふと夫が撮った写真を覗いてみると・・・なんてたくさんのオーブ!

こんな気持ちにさせてくれたのは、彼らのせいだったのかな。

だいがく祭.jpg
posted by 千晴 at 10:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする