2015年11月17日

自力と他力の融合 〜『十三夜』を終えて〜

s-DSC_0116.jpg


ふたり語り公演 樋口一葉『十三夜』を終えました。
 
当日会場まで足を運び、耳を傾けてくださった皆さま
またこの公演に思いを寄せてくださった皆さま
 
こころの底より感謝いたします。
ありがとうございました。
 
 
今回もまた、この言語造形公演の体験は
なんというか一つの聖なる儀式を
その場にいる皆と共にくぐり抜けたような感覚がしています。
 
 
そして数日経った今感じているのは
今回現れた『十三夜』の衝動とその流れは
 
私たち「ことばの家」というよりも
 
再び世に受肉したいと強く願った
「一葉の精神」が起こしたものだったのではないか、ということです。
 
 
この日に至るまで、
繰り返し、繰り返し脱ぎ続けた「自己不信」、「私が」というエゴたち。
 
それはそのまま
『十三夜』における主人公「お関」のプロセスとも重なるのですが
 
 
その脱皮の果てにもたらされたものは
 
「私が」この舞台を創造するのではなく
「事が」自ずと創造されてゆく・・・という感覚でした。
  
 
 
いつの間にか、
私の周りでいろんなことが変わっていった気がするのです。
 
 
まるで天使がつぎつぎと舞い降りてきてくれたように
 
前日には励ましの手紙やお花が届き、当日には場内アナウンスや受付周りの強力サポーターたち、終演後にも思いがけない花束贈呈や、打ち上げの手配をしてくださる方など、今回はほんとうに何もかもが自然な流れで起こってきて、この公演のすべてを支えてくださったのです。
ギター演奏の久芳さん・・妹夫婦にも、たくさんたくさん助けられました。
 
 
これまではみんな「自分でやらなければ」と思い込んで
がんばっていたこと。
 
それらを周囲の人たちが、そっと助けてくださった。
 
 
しかもなにもかもが無理なく、自然で、
なんだかとても嬉しかったのです。
 
 
本番中の予期せぬハプニングさえ
「起こることはすべて必然なんだな」って、初めて思えました。

 

s-DSC_0139-2.jpg


  
自力と他力。
私の力と天の力の融合。十字架のシンボル。
 
もしかしたらやれることをすべてやり切ったときに、
それは訪れるのかもしれません。
 
 
今回の稽古はあまりにも苦しくて、苦しくて
やってもやってもやってもやっても・・
できなくて 
 
最後のほうはもうただ
いのちを差し出すことしかできなかったけれど
 

今回、一葉からの『十三夜』衝動において
やはり自分のはこの役割を担うことができてほんとうによかった、
と改めて感じています。
 
  
関わってくださったすべての皆さまへ
ほんとうにどうもありがとう。
 

そしてこれからも「天からの衝動」に素直に忠実に
全身全霊を捧げてゆきたいと思っています。
 


s-IMGP4000.jpg




■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。
posted by 千晴 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

長い長いトンネル

公演まであと4日となった今日。
「あれ?もしかしてようやくトンネル抜けた?」と感じた瞬間が・・
 

5月の神奈川公演が終わり
世界が新緑の生命で満たされていた頃、 
 
秋の、この「十三夜」公演に向かって
列車は再び走りだした。
 
すると間もなく大きな山が表れて
私は長い、長い、トンネルに入ったのだ。
 
 
でもその山は、思った以上に大きくて
あまりにも長いこと出口が見えなくて
 
自分が今どこに立っていて、どこに向かっているのかさえも
まったく分からず、
 
孤独と向き合いながら
さすがにこのまま暗闇で息絶えてしまうのかとまで思った。
 
根気よく付き合ってくれる師に対しても
不甲斐なさと申し訳なさでいっぱいだった。

 
それが今週になっていきなり出口を抜けた・・?のかもしれない。
 
 
出てみて驚いたのは、
景色が全く変わってしまっていたこと。
 
まるで夏の新緑が、冬の雪景色に変わってしまったほどの。。
 
 
それは、至極当たり前でいて
とても変化した自分の身体と声だった。
 
 
 
秋は
 
自らの「内なる泉」まで深く深く降りてゆき
その泉の水で渇いたのどを潤す季節、
 
そして体を使って夏のケガレを振り払い、
禊(みそぎ)をする季節らしい。
 
 
 
この夏から目の前に立ちはだかったあの大きな山は
 
私の内に長年巣食っていた、
「自己不信」という名のエゴだった。
 
 
それらを脱いで、脱いで、限りなく裸になって
 
いよいよこの週末、
 
 
一葉の世界と、その場にいるすべての人とが一つになることを
こころから願う。
 
 
皆さまのお越しを、こころよりお待ちしております。
 

■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

公演まで二週間

今日から11月。
いよいよ「十三夜」公演まで2週間となりました。
 
今回も全身全霊、いのちがけで
空間を樋口一葉の世界で満たします。
 
彼女の文体が要求するこの物語の深みに
どれだけ応えられるか。
 
 
聴き手の皆さまと、
きっとそれを分かち合えますように。
  
どうぞお越しください。
 

■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

天に委ねる

きっとこれも、
「自分でやろう」としちゃだめなんだ。
 
もっと言えば
“ 頭 ” でやろうとしちゃだめなんだ。
  
 
すべては天に委ねて
 
その言霊を 
 
“ 体 ” に通すだけなんだ。

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

十三夜の夜

十三夜の夜に、「十三夜」の稽古。
 
思いがけずまた一つ、
トンネルを抜けたような気がした。
 
 
一葉からのプレゼントだったのかな・・
 
 
さあ、明日からまた生まれ変わろう。



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

飽和状態


思いがけず頭が飽和状態に。
 
改めて立ちはだかる一葉の文体の難しさに打ちのめされ、途方に暮れ、

久しぶりに弱音を吐いてしまった・・・
 
 
本来ならば問答無用であっても然るべきこの世界で

それすらも誠実に受け止めてくれた師匠に
 
ただただ、感謝しかない。
 
 
そうだ、自己不信に陥っている暇はなかった。

己を信じて、精進するのみなんだ。
 
 
明日から熊本での三日間で

再びこころを入れ替えてこようと思う。
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

一葉、いのちの響き

「何を考えているのかよく分からない人」。
 
当時、樋口一葉の身近にいた人たちの印象は
そのようだったらしい。
 
そして本音を一切 “吐き出す” ことなく内に秘めつづけ、
健やかなる呼吸ができないまま遂には肺病にかかり
24歳という若さで亡くなったのだと聞いたとき、
  

思わず知らず、涙がこぼれた。
 
 
けれど彼女は、
その溜まりにたまった本音たちを一気にすべて
芸術というものに昇華させて晩年の作品に残したのだ。
 
 
「書く」という行為が、きっと、
彼女の魂を浄化していたのだろう。
  
 
すごく、すごく分かる気がした。
  
 
一葉は私と同じ、70年代生まれ。
といっても100年違いなんだけど。
 
明治時代の「女の幸せ」という価値観に従うことなく
「書く」ことによって母と妹を食わせてゆこうと覚悟して生きた彼女。
 
 
私は今、

その彼女が命を削って綴った

妙なることばの一つひとつを
 

深い呼吸と、発声と、間(ま)において言語造形することで

魂を洗い流している。
 
 
 
その一音一音をすべて、
 
大切に解き放ちたい。
 

mig.jpg


  
■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。


posted by 千晴 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

子どもは大好き!

昨日より “秋エポック” が始まった シュタイナー帝塚山土曜クラス

3−4年生クラスは、去年に続いて再び「落語」へ取り組みます。
 

久しぶりに大好きな落語で言語造形に取り組めるのが
長女はとってもとっても嬉しいらしくて

なんと今朝は、日曜クラスが始まる前の父さんにせがんで
早速稽古をつけてもらってるではないか! @@;
 
  
家事の傍らにこっそり耳を澄ましていると、

 
はじめ、いかにも小学生らしい感じの棒読みが・・・
言語造形の導きによってみるみる生気を取り戻し、

一気に豊かなユーモアの世界が立ち上がってくる!
 
  
う〜ん、こりゃあ小学生は喜ぶわぁ〜♡ (^o^)
  

s-60ab3ee20c030af78f7d5918622738ed.jpg



■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。


posted by 千晴 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

一葉さん

職場でレジを開けるたびに、
一葉さんと目が合うの。


ba364412e3fff2d451724932f10a537b.jpg



そして祈る。

  
  ああ、若かりしあなたが

  命を注いで紡いだ、

  そのことばの一つひとつ

  その精神を
 
  この身体を通して解き放つことができますように。
 


■ 言語造形 語り公演 樋口一葉作『十三夜』
  11/14(金)14時30分開演 @ 大阪聖アンデレ教会
  生きた声による語りで、一葉のことばの世界とひとつになりませんか。

■ 「アクセス・バーズ」 「アクセス・ボディ」 セッション 
  脳と体へ、驚きのデトックス効果。 深いリラックスと解放。
  大阪・帝塚山「ことばの家」にて、セッションを受け付けています。


posted by 千晴 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

11/14 樋口一葉 『十三夜』 大阪公演!


s-13n-A5.jpg


秋の「ことばの家」大阪公演のお知らせです!!
  
  11月14日(土)
  樋口一葉作 『十三夜』
 
  
初めて夫婦二人で舞台に立ちます。
一葉の作品にしっくりと寄り添うクラシックギターの音色とともに。
   
日本の明治時代を生きた、男と女の物語。


ぜひ来てね! (^O^)/
 

詳細はこちらから


 
posted by 千晴 at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

「芸術」とは?


私自身もかつては 「芸術コンプレックス」 を抱いていたのです。

でも「芸術」ってほんとうは、
そんな高尚なもんじゃないんだよね!
 

もっと身近で、リアルで、こころときめくもの。

「もの」とひとつになりゆく体験なんだ!

そしてそれは人にとって、

健やかに生きるためになくてはならない「必需品」なんだよ♡


 神(かむ)ながらの道 〜「もの」に対する敬意と習熟〜
   
 


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

交感 〜 狂言と言語造形 〜


昨日はとても素敵な一日だった。
 

いつもお世話になっている玉造の百年長屋さんで
 

午前は、狂言師の安東元先生が
大人と子どもに狂言と小舞のご指導を、
 

午後は、安東先生とそのお仲間たちに
初めて言語造形の体験をしていただいたのだった。



どちらも一人の人間が体まるごとを使って、
全身全霊で 「ことばの精神」 にアクセスし、参加者を導いてくれる。


参加者たちの身体とこころは、
次第に見えない豊かさで満たされてくる。



s-11145122_651385194996131_4663801954042572780_o.jpg



そのファンタスティックな芸術空間が


昨日は狂言と言語造形との間で
互いに 「プレゼント交換(交感)」 されたのだ。



その様はとても
清々しくて、有機的で、美しかった。



7歳と10歳の娘たちも
5時間近くもの長丁場を飽きもせず聴き入って
 

「今日はとてもいい日だったね!」 と

帰る道すがら、満ち足りた笑顔で言った。
 



狂言と言語造形。
 
日本人の身体性、精神性をもって臨むこの二つの芸術は
とても親和性があるように感じる。

そしてこの妙なる出会いに、私は今、すっごくときめいてる!


昨日も素晴らしい一日を、こころから、どうもありがとうございました。



s-11713799_651385328329451_197931282233351705_o.jpg


 
posted by 千晴 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

“一葉” 語

お盆ウィークのファミレスはテンテコマイ!
昨日、そんな最中に思わず
 
「和風ハンバーグでござんす!」
「全席禁煙でござりまする!」

 と言ってもうた・・・ _| ̄|○
 
 
あ〜ん、もぉもぉ〜〜〜 (/д\)
 
樋口一葉ったらぁ〜〜〜〜 泣
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

浪曲、初体験!

昨日、初めての 「浪曲寄席」 体験!
娘二人も連れて、天王寺の一心寺さんへ。
  
やっぱり生きたことば、ナマのことばのエネルギーはいいね!
面白かったり、泣けたり、魂が満たされるなにかがあるの。
 
四人もの浪曲師が登場するのも、
経験やら、年齢やら、意識やら、
いろんな個性の違いが感じられてよかった。 
 
人間っていいね。
 
案の定、小学生参加はうちだけだったけどネ♪^^;


11150913_872461839501149_7458649862133171644_n.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

『神秘劇』 上演を終えて

神秘劇 2015、終わりました。
 
昨日はマヤ歴では「時間を外した日」。
地球が太陽の周りを一回転する最後の日でもありました。
 
この日、私は「太陽の歩みとともに人間を見守る、ある存在」についてのメルヘンを語る夫人を演じました。
 
この瞬間に至るまで、
神秘劇は私に様々な内的変化を促し、くぐり抜けなくてはいけない試練がいくつもありました。
 
そのすべての歩みの先で、この舞台に立った時、
とても不思議な感覚で満たされたのです。
 
メルヘンを語れるという喜び。
しかもその行為が、”人間” だけでなく ”岩山の精霊たち” の力にもなれるという喜び。
 
自然からほんとうに多くの恩恵を、一方的に受け続けてばかりの人間が
唯一「お返し」をできる行為・・・それがメルヘン・・・すなわち "人間の語る生きたことば" なのだという、深い、深い喜びと感謝が、一瞬にして私の体を突き抜けました。
 
そしてこの「神秘劇」を大切にしている人たちと、見えない方々の集っている会場全体の一体感。まさに祝祭の空間。
 
 
そう、私はこれをするために生まれてきた。
 
 
まるで思い出すかのような感覚で、そこで語る自分を見ている自分がいました。
 
これはあくまでも、内なる確信。極めて個人的な真実なのです。
そこにもルシファーやアーリマンは貶めようと脅してくるけれど
 
今の私は、これこそを信頼して歩むのだ、と、孤独の中で誓ったのでした。
  
 
この日まで自分を支え導いてくださった、神秘劇と、すべての皆さまにこころから感謝を込めて。 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

礼拝堂で言語造形公演

次の舞台の会場が決まりました!!
 
今回はなんと、昭和町、
耕志さんの母校隣にある聖アンデレ教会の礼拝堂です!
 
しかもあのNHK連続ドラマ「マッサン」で、
エリーの親友キャサリン(濱田マリ^^)がいた教会なのです♪
  

s-hi6nw8p3d57kngn2gov4_480_2000-e3356793.jpg


マッサン夫婦の大阪での住まいが
わが家から徒歩1分のところだということで
初めて家族で追いかけ観ていたドラマでもあったから、
なんだか不思議なご縁を感じたりして。^^
 
 
また、教会での言語造形公演というのは、ここ数年、
私たちが願っていたことでもあったのでとても有難く思っています。
 
 
言語造形の舞台は、「宗教」ではないけれど、
「宗教性」の極めて強い舞台だと感じていて。
 

神なる垂直軸と
人なる水平軸が交わる “十字架” に象徴される、聖なる空間。 
 

そのような意識で創られ、守られて続けている礼拝堂の空間で
この言語造形舞台という祝祭を捧げることのできる喜びを
こころから噛みしめつつ、稽古を重ねてゆきたいと思います。
  

s-2734000b54912ace7f99bdb3d53a11e2.jpg
 

公演は11月14日(土)。
また詳細が決まったらお知らせしますねー♪ 
 
みんな、是非来てね!(^_-)
  
posted by 千晴 at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

2015年の「神秘劇」第六景

今日は 「神秘劇」 第六景チームの稽古日でした。 
 
相変わらず深いところがぐわんぐわん動かされる一日だったなあ!
ことばにできない充実感。。。
 
石川から、広島から、大阪に集まってくれた仲間に感謝です☆
 
 
R.シュタイナーが作ったこの「神秘劇」という作品は、
一人の若者の内的・精神的な成長を描いた物語なのだけど
 
つくづく「劇」そのものに、不思議な力を感じてしまう。
 
まるで「神秘劇」全体にも、個々の「役」にも、それぞれの意志があって、演じる一人ひとりは、その役から強力に内面の変容を促されてしまうような・・
 
 
いよいよ二週間後。
私は 二日目の「第六景」に出演します。
 
すべての流れを信頼し、精一杯を尽くして、この劇の意志に委ねよう。


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

親子で狂言教室

親子狂言教室@百年長屋さん。
いよいよ発表会の演目、配役も決まって気合が入ります!
 
「狂言」の発声は、難しいけれど
耳を澄まして聴いているだけ、真似しているだけで気持ちがいい!
 
東洋の文化でもある「地声」って、すっごくイイネ! 
 

s-11144793_643200059147978_3653370919471463866_o.jpg



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

ゲーテアヌムの出会い

次の舞台稽古に、神秘劇に、演劇クラス・・
ますます「言語造形」三昧の日々を過ごせるようになったこの頃
ふと思い出す人がいます。
 
それは2003年、
生まれて初めて言語造形というものを知った直後に
ゲーテアヌムで出会った女の子。
  
北海道から、ユースの仲間と初めてスイスに行ったときのことです。
 
ドイツ語はおろか、英語だってろくに話せない私に
唯一親しくしてくれた彼女は、
「ここで ”シュプラッハ” を学んでいるの」と教えてくれました。
 
おバカな私は、それが何を意味するのかも分からないまま対話をし
なんとそれが「言語造形」を意味していたのだと理解したのは
おそらく数年後のこと・・^^;
 
  
その彼女を、なぜだか最近よく思い出すのです。
 
名前も、歳も、まったく知らないけれど、 
今頃はどうしているかしら?
 
どこかの国で、言語造形に取り組んでいるのかしら?
そして私がそれに、こんなにもどっぷり浸かっていると知ったら
一体どんな顔をするかしら・・・?
 
ってね。
 
 
ちょっぴり恥ずかしいけど、、12年前の記念写真を載せちゃえ〜 
えいっ!! (●≧艸≦)゛


11226054_835515216529145_4461945329655820602_n.jpg

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

分かち合える喜び

土曜は、能登から友を迎えての「神秘劇」稽古、
日曜は、ひと月ぶりの「狂言」教室、
 
ああ、言語造形、
体を使って、ことばを解き放つ喜びを、
他者とともに分かち合えるひと時。
ほんとうに尊いとき。
  
神さま、この週末も、どうもありがとう!!!
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする