2020年12月18日

ひかりの導管

冬至に向けて
                  
日に日にエネルギーの高まりを感じる。
                   
宇宙の星の同胞たちが
                   
固唾を呑んで見守っている。
                   
2万6千年ぶりの
                   
この星の解放を祈りながら。


EowjI_7U8AEijjb.jpg
                   
                   
2020年 冬至。
                   
日本では
12月22日(火)午前3時22分。
                   
                   
この星に、いよいよ「みずがめ座」の
最初のエネルギーが注がれる。
                   
                   
そのとき
肉体を持つわたしたち人間こそが
                  
ひかりの導管となって
いかり(錨)を降ろすように
                   
物理空間でもあるこの地球に
みずがめ座の
神聖な女神のエネルギーを届けるんだ。
                  
                  
そのために今、このときを目指して
生まれてきたことを
わたしの魂は知っている。


LovejoyGoddess.jpg                   
                   
古代より
この星で何度も転生をくり返しながら
                   
女神の叡智と秘義に仕えてきた
星の子の仲間たちへ。
                   
もしもここに共鳴するものを
感じてくれたなら
                   
冬至の夜
ともに瞑想をしよう。
                   
                  
それはきっときっととてつもなく
特別な体験になるから。
                   
   
o1536112014855924611.jpg

                
★ みずがめ座の時代最終立ち上げ瞑想
                   
★ 瞑想当日の日本語音声ガイド
                  
★ 発起人ブロガーCOBRAの最新インタビュー

                  



posted by 千晴 at 12:43 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。