2019年07月13日

紙芝居を


9784494080847_0.jpg
 
 
8月15日、終戦の日に
紙芝居をさせていただくことになりました。
 
先日の公演のすぐ後に
思いがけないところから頂いたお仕事で
 
紙芝居と言語造形のコラボというのも
初めての挑戦になります✨
 
 
主人公の黒猫・クロが語る
広島の物語。
 
あの『原爆の図』を描かれた
丸木俊・丸木位里の絵で
 
小学生の子どもたちと親御さんへ向けて
語らせていただきます。
 
 
 ね、きみの なかの 
 
 ちっちゃい こえは 
 
 きこえてる?
 
 
 きみの 
 
 イノチたちは
  
 みんな 
 
 げんきかい?
 
 
物語のひびきを、広島のひびきを
全身で感じ取りながら
稽古しています。
  

◆ 次回は 7/14(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 

 
posted by 千晴 at 18:46 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。