2019年06月09日

音・文字・ことば

6/9 大阪ことのはクラス
 
陰陽調和の日ともいえる今日は
偶然にもサウンドヒーリングのプロが
お二人もご参加くださり
またまたユニークな深みに満ちた一日となりました♪
 

CIMG8981.JPG


「この星の目覚めと進化を促すものは
『音・文字・ことば』の三つである・・」

 
というお一人のメッセージも
こころに響いて・・
 
 
まさに高次元の星から降りてきて、
地球の「ヒト」の一生を全うしたかのように
感じられるヤマトタケ命。
 

CIMG9001.JPG


その死を知った父・景行天皇の歎き、
 
またシライトリ(白斎鳥)となって
自由に優美に羽ばたく姿を追いかけた
遺族たちの切なる想いを、
 
「白鳥」というもの、記紀との違い、
地名の由来や「笏」の本来の意味・・など、
もりやさんの豊かな講義とともに、
 
身振りと手足から体感させていただきました。
 

CIMG9016.JPG

 
今日もご参加くださった皆さま、
どうもありがとうございました!(≧∇≦)
 
 
次回(6/23)は、父親、遺族に続き、
 
飯を炊いて夫の帰りを待ち続けていた
妻ミヤズヒメのシーンです。
 
またきっと違う味わいを、
皆さまと分かち合えることを楽しみにしております!
 
 
◆ 次回は 6/23(日)
「やまとことは」を味わうクラス

◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。