2019年05月28日

たつの子たろう

言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
ひとつめの演目は
日本昔話「たつの子たろう」を
諏訪千晴が語ります。
 

21296663_883765278447546_7672431244298158080_n.jpg

 
「マンガ日本昔ばなし」の主題歌でも
お馴染みのこの作品は
  
竜(たつ)の子でありながら
人(ひと)の手に育てられた太郎が
 
己のほんとうのルーツと使命を知り
 
母である湖の竜とともに
ひとつの大きな仕事を成し遂げる物語です。
 
 
古代から竜は
人々と交わり、導き、支えてきたこと。
 
また
大いなる変動のときを迎えている
今、この地球において
 
己のルーツと使命を知り、受け入れ
そこに生き切る太郎の姿には
 
リアリティを感じずにはいられません。
 
 
母と子の再会と
二人の共同は
 
果たしてこの星に
何を産み出したのでしょうか。
 
 
シンプルなこの日本の昔話から
 
皆さまと大切ななにかを
分かち合うことができたらと願っています。
 
 
 
  いいとも
 
  お前と一緒なら
 
  どんなことでもできよう
 
  ・・・
 
  お前は背中のうえで
 
  しっかりと舵をとっておくれ


 
 
◆ 6/30(日)言語造形公演
『常世の濱の浪の音聞こゆ』
 
 
◆ 次回は 6/9(日)
「やまとことは」を味わうクラス




posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 公演レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。