2019年04月20日

イフキカミとヤマトタケ

次回(4/28) ことのはクラス
 
愛しきミヤズ姫のもとで
ひと月ほど過ごしたヤマトタケ尊は
 
「荒ぶる神」が出没との報告を受けるも
軽い気持ちで出かけてゆきます。

ヤマト姫より授けられた
あの「草薙の剣」も
ミヤズ姫のもとに置いたまま・・
 
そうして彼は
前世の恩人でもあったイフキカミを
怒らせてしまいます。
 

醒ヶ井3.png
イフキ神の怒りに触れたヤマトタケが熱ゆる身を冷ましたという「醒ヶ井」の清水

 
今回は、記紀でも有名なこの場面に
取り組みたいと思います。
 
・イフキカミとは?
・ヤマトタケとの前世からの繋がりとは?
・なぜ「オヲロチ」なのか?
・「醒ヶ井」の意味
 
このあたりの秘密にも迫りながら
 

CIMG7967.JPG


ついに崩御までの道のりを歩み始めた
ヤマトタケの物語を
全身で声に出してみましょう。
 
 
57400043_374037050104619_3740388332622839808_n.jpg


また「尾津の一松」という
松と剣に関わる
ヤマトタケの歌にも取り組みます。
 

CIMG8022.JPG
かつてヤマトタケが松の木に置き忘れた剣を称える「尾津の一松」のウタ


この歌に込められた
さまざまな想い、願いを
ともに感じてみましょう〜!
 
 
◆ 次回は 4/28(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 




posted by 千晴 at 20:44 | Comment(0) | ことのはクラス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。