2019年04月17日

尾津の一松

次回「ことのはクラス」で取り組む
ヤマトタケ尊の歌を
 
行書&ヲシテで書いてみました♪
 

CIMG8020.JPG 


CIMG8021.JPG


東征の際に、通りがかった松の木に
立てかけたまま置き忘れた剣。
 
その帰途に、再び発見したときに
詠われたといいます。
 
 
このウタに込められた
さまざまな想いを
 
声に出したとき
どんな氣づきや感覚が訪れるかな♪


◆ 次回は 4/28(日)
「やまとことは」を味わうクラス

 



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。