2019年02月16日

魂がよろこぶ神様巡りの会

3月17日(日)、京都にて

『 やまとことはと和歌 』と題して
お話をさせていただくことになりました。
 
「神を引き寄せご縁をつなぐ神様巡りの会」さまが
主催されているイベントです。
  
今回は言語造形のWSでも、公演でもなく
初めて講座のみをさせていただきます♪
 

「やまとことは」そして「和歌」という
日本の妙なることばの文化。
 
その成り立ちやエネルギーを通じて
「日本語」を語れる者であることの誇りと喜びを
皆さまと分かち合えたらと願っております。
 
 
また午後からは “京のお伊勢さん” ともいわれる
「日向大神宮」へのお参りも♪
 
こちらに所縁の深い和歌もご紹介したいと思います。
 
 
52309293_2307517745933565_967102592108724224_n.jpg
 
 
「魂がよろこぶ神様巡りの会(弐拾漆)」
 
【やまとことはを知る】
 
諏訪千晴さんに来て頂きお話しをして頂きます。
その後、日向大神宮に参り皆様ご一緒に,和歌を語ります。
 
*「やまとことはと和歌」
 
わたしたち日本人の母語である日本語は、
世界中で最も不思議な力を秘めた言語といえます。
 
その言語は、
一体どのようにして起こったものなのでしょう。
 
「言靈(ことだま)」という呼び方が流行するよりも
遥か以前、縄文の時代から「やまとことは」は存在し、
その力は人々に認識されていたのです。
 
またこの国には、さらに妙なる文化として、
「和歌」というものがあります。
 
「やまとことは」の成り立ち、
そして「和歌」の秘密とその響きを、
縄文の先人たちが遺した素晴らしい和歌とともに
辿ってみましょう。
 
当日、ご一緒に参拝する神社と
所縁の深い和歌もご紹介いたします。


*「言靈(ことだま)」を語ると

🍀すべての生命体が活性化します。
🍀エネルギーが循環して拡大します。
🍀松果体を癒し、遺伝子・DNAが開花します。

🍀未知なる様々な能力が発見されます。


(諏訪千晴さんプロフィール)
 
ことばの芸術「言語造形」をする人。
大阪「ことばの家 諏訪」を拠点に、各地で語りの公演やクラスを開催。木登りと手紙と和歌を愛す。2018年より「やまとことはを味わうクラス」を開講。


日程   2019年3月17日(日)

時間   10時〜16時 (開場9時50分)

集合場所 エンソウ アンゴ FUYA II <麩屋町通 U> タタミサロン

参加費   5800円(講座、ランチ代他)

詳しくは参加者にご連絡します。


ナビゲーター 佐都美

幼少の頃より霊感があり、霊体験を繰返す。自分の霊力をコントロール出来ずに 一時封印する。その後、自分の使命に気づく出来事があり封印を解き、凄い霊能力を持った大国主神の守り役をされている師匠に出会い、更に伝授して頂きパワーアップする。

皆様にご利益と御開運が舞い込みますように。

お申し込みはこちらから
 
 
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。