2018年12月05日

12月、胎内へ

しばらく前からずっと行きたかった
丹生都比売神社へ。
 

CIMG6562.JPG


天野の紅葉を愛でたい・・と想いつつ
公演もあってなかなか叶わなかったけれど
 
ついにお参り出来た今日は
ポカポカと氣持ちのいいお天氣で
紅葉たちもなんとか待っててくれました♪
 

CIMG6661.JPG


何度も行っているのに
これまでゆっくりと過ごせたことがなかったので
 
今日は境内と周辺を
ゆ〜っくりと堪能させていただきました。
 
一度ここで
のんびり過ごしてみたかったんだ〜(≧∇≦)
 

CIMG6651.JPG 


そして読んでいたのは、友人が送ってくれた
R.シュタイナーの講演録
 
『 冬 ― クリスマスの情景 』。


CIMG6650.JPG
 
 
久しぶりのシュタイナーのことば達に
細胞が反応していました。^^
 

CIMG6600.JPG


CIMG6610.JPG 


太陽の力が弱まる冬、
 
地球の大地は、自ら “月化” して
再び太陽の働きを受け取れるようになる。
 
 
同じように
 
 
女性が子どもを孕むとき、
 
女性の身体も、自ら “月化” して
胎児の成長のために
太陽の働きを胎内に集中させるのだそうです。
 
 
CIMG6613.JPG


毎週のように通っている「大海神社」が
“ 魂の故郷 ” なら
 
ここ「丹生都比売神社」はわたしにとって
“ 魂の母の胎内 ” のようだと
 
以前から感じていたのですが
 
その“胎内”で、
冬の季節に、この真実を知ったということ・・
 
なにか鳥肌の立つような感覚がしたのでした。
 
 
CIMG6572.JPG


また、宇宙から見ると
この青い「水」の星・地球は、
 
『 非常に希薄な「水銀」の雫 』
 
なのだそうです。
 
まさしく丹生都比売さまは、
「水銀」の神さまでもあって・・
 

CIMG6636.JPG


CIMG6625.JPG

 
あまりにも氣持ちよく
大好きで仕方のない “ 魂の母の胎内 ” で
 
あまりにも心地よく
燦々と降り注ぐ、太陽の光を全身に浴びて
 
まるで「生まれ直し」たような一日となりました。
 
 
CIMG6595.JPG


CIMG6584.JPG


◆ 次回は 12/9(日)
「やまとことは」を味わうクラス
 
◆ 12/25(火・祝)
ことばの家 クリスマス公演
『キリスト生誕劇 2018』
 
 


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 日本の神々と神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。