2018年01月28日

すべてはわたしのなかに

昨日は演劇『丹生都比売』で出会った仲間たちと
もりやひろゆきさんのセラピーを体験しました。
 
ヒプノ等の技法を用いた誘導瞑想によって
1300年前、紀元前900年前まで遡り
当時の丹生都比売さまとの繋がりを想い出す・・
 
そんな、とても貴重な体験でした。
 
 
瞑想中に見えてきた風景、感じた感覚、
そして受け取ったもの・・
 
一つひとつが
今後の人生をの歩みにおける支えとなり、
また道しるべとなってくれるような氣がします。
 
 
日本人はセルフイメージが低く、
その原因の一つが
自分のルーツがわからないことだと思います。
 
自分たちの忘れてしまった祖~との地続き感を
体感し思い出すことで、
~様にも喜んでいただけ
 
この國にとっても
わたしたちにとっても
より調和した方向方向へ進んでいけるのでは
と願っています

 
 
と仰るもりやさん。
 
地続き感。
ほんとうにそう思います。
 
わたしにとって日本の神々への祈りとは
遠いご先祖さまへの感謝だから・・
 
 
26170713_2025551931061532_3548163316889548556_o-2.jpg 
当日見せていただいた「シナバー」(竜血、辰砂、賢者の石)。
丹生都比売や錬金術に関わりの深い石だそうです。



瞑想の最後、「常世」での体験とその感覚は
今でもわたしのこころを
優しく温かく包んでくれています。
 
 
もりやさん、素晴らしい体験をさせてくださり
ほんとうにありがとうございました!
 


● 次回は 2/10(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。