2017年10月03日

11/19(日)『秋のおはなしペチカ』.005


秋ペチカ.005-b.jpg

秋のおはなしペチカは
 
ドイツの童話作家「ミヒャエル・エンデ」の生誕を祝います。
 
 
エンデの作品のなかでも有名な 『モモ』 に登場する
 
少年ジジの語った「魔法の鏡」。
 
 
人々が “ 空想 ” と呼ぶ
 
その物語の世界には
 
 
人のこころを健やかにする
 
豊かな宝物が溢れています。
  
 
 
美しい秋のひととき
 
心身を癒すライアーの音色と
 
言語造形によるミヒャエル・エンデの物語で 
 
こころを満たしてみませんか。
 
 
 
●演目

「魔法の鏡」(『モモ』より)
「おこぶちゃん」
 その他


●語り 

諏訪千晴 (言語造形家)
諏訪夏木 (小学六年生)
諏訪かさね (小学三年生)
 
 
●音楽 

足利智子 (タオ、タリタ、ティラルライアーetc)


●日時 

11月19日(日)
14:00〜15:30 予定

 
  
●場所 

ことばの家 
 南海本線「帝塚山」駅 徒歩5分
 阪堺上町線「姫松」駅 徒歩5分
 
  
●入場
 
大人: 
予約 2500円  当日 3000円
 
小学生以上:
500円 
 
(お茶とお菓子付き)
 
 
●定員 
 
20名  要予約 (事前振込制)
 
 
●お申込み
 
こちらのから
(paypalクレジット決済)
 
 
または下記口座へのお振込みも可能です。
 
◎ゆうちょ銀行  
 記号 10260 番号 28889041 
 諏訪 千晴(スワ チハル)
 
 

振込みの確認をもって、
ご予約完了とさせていただきますので
その際にはご一報ください。
  
 
posted by 千晴 at 20:57 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。