2017年10月01日

「型」と「自由」


『 「型破り」か、「型無し」か 』
 
ある和太鼓奏者さんから伺ったことば。
 
言語造形という道を歩んできた自分にとっては
とてもリアリティのある感覚。
 
 
そう、真の「自由」とは
「型」を通してこそ体現できるという
 
パラドックス。
 

20170318_inoueyatiyo_4.jpg 


型とは
自然の法則、美の秩序なんだ。
 
植物や動物たちが美しいのは
神の創られた秩序の中に在るから。
  
 
ただ人間だけが
「無秩序」を創りだすこともできるけど
 
実はそこには
自由も美もなくて。
 
 
無秩序な「形無し」よりも
型を通してこそ至れる自由と美しさへの道を
 
わたしは歩んでゆきたい。
   
  
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。