2017年07月26日

最高の自己教育

芝居って、とても面白いです。
 
演者にも観客にも
大きな「変容」を促す力があります。
  
演者にとっては
役とのまぐわいを通じて
 
内なる闇と光に正面から向き合ったり
内に眠っていた新たな一面を見つけたり
 
とても大きな自己教育でもあるように思います。
 
海外では「演劇」の授業が
学校のカリキュラムに組み込まれている
というのも深く頷けます。
 
 
そしてわたしたちが今、
真剣に取り組んでいるのは
 
「言語造形」を中心に据えた、演劇。
 
深い息遣いと
ことばの造形を通じて
 
複数の人とダイレクトに
エネルギーの交感をする体験です。
 
とてつもなく豊かで、氣持ちのいい
エネルギーのまぐわいです。
 

画像 246.jpg

 
今、二人のコウジさん^^から
貴重な指導を受けながら
 
この芝居の創造に関われることに
改めて深い喜びを感じています。
 
 
演劇「丹生都比売(にうつひめ)」まで
いよいよ二週間を切りました。
 
 
演者が汗を流した分、観客とともに
深い「統合」を分かち合えるような
  
そんな舞台となることを願っています。
是非、ご一緒しましょう!
  
 
● 8/5(土)
演劇『丹生都比売』〜この国のはじまりのとき〜

 
IMG_0001.jpg
 
 

写真は7年前の舞台『夕鶴』より。
今回、脚本・演出をされている 花岡 攻事さんとの共演でした♪
 
posted by 千晴 at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック