2017年06月23日

マリアの子宮で

今日の『生誕劇』クラス、
楽しかったあああ〜!(≧∇≦)
 
歌の指導をしてくれた足利智子さんと
ヴァイオリン演奏の 高垣 さおりさん
 
さらに新参加の方が3名も集ってくれて
 

IMGP9430.JPG

 
まるで清らかなマリアの
子宮の内にいるような
 
優しく、温かく、豊かに育まれる
喜びに満ちた創造空間でした。
 

IMGP9443.JPG
 
 
そして
 
一人ひとりが、役を担い
舞台に立った瞬間に
 
本人の自意識さえも超えて
その人の「大いなるところ」が目覚め
立ち上ってくる・・
 
個人を超えた、役の精神のようなものが  
天から注がれる・・
 
またそれでいて
 
その人らしさも
より発揮されてゆくという
パラドックスの世界。
  
言語造形によるお芝居、演劇の面白さを
改めて実感させてもらえたのでした。
 

IMGP9454.JPG 


語るように歌い
歌うように語りながら
 
12月の本公演に向けて
歩みを深めています。
  
● 金曜 帝塚山「生誕劇」クラス




posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック