2017年04月20日

夢を生きる

 催眠にかかった夢の中であっても
 
 生きたひとつの細胞が
 一粒の種となって
 体中をさまよっている。
 
 生きた細胞は
 一瞬止まったり動き回ったりしながら
 
 眠っている何千もの他の細胞たちを
 起こそうとしている。
 
 
 その生きた細胞の名は
 
 夢。
  
 夢が彼らを揺り起こす!
  
 そうすれば人々の家族が
 再び美しいオアシスを
 
 地球上に創造するようになる。
 
 
 〜アナスタシア 一族の書より〜

 
 
 
いま、わたしは “夢” を
思い出しつつある。
 
この “夢” とともに
目を覚まそうとしている。
 
 
夢を抱くこと。
夢を生きること。
  
それは、
何千年にもわたるこの世の「催眠」から
  
「目覚める」ということなんだ!
 
  

c4ded76216096822b3b04bdf76497bb9_cd67167ffaef511ea90ab71330797985.jpg


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック