2017年01月07日

初稽古

今日、「ことばの家」 の初稽古には
 
かつて共に言語造形に取り組んだ
二人の仲間が集ってくれました。
 
そのうちの一人は、長女。
 
11歳の彼女が
自らの意志で「この詩を語りたい」と。
 
 
そして夕食後、お風呂で本を読んでいると
 
自分から父親に頼んで稽古をつけてもらっている長女の声が
聴こえてきて・・・ 
 
その声の響きに、
なんだか込み上げてくるものがありました。
 
 
言語造形から一度は離れ
今、再びより深い意志を伴って戻ってこられたお二人の姿に
力をもらって
  
わたしもまた、
新たな一歩を踏み出そうと思ったのでした。
 

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445703476
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック