2016年10月04日

なずまないこと

語り部としてのわたしの志事(仕事)は

向かい合う観客のムードやエネルギーに
同調するのではなく
 
 
遥か先にある「神の世」(精神の世)を見据え
そこに全身全霊でダイブすること。
 
神と交わること。
 
そうして観客を
あちらの世にいざなうこと。
 
 
今回の「ことよさしの會」では
何よりもそのことを意識しました。
 

CIMG1093.JPG

 
CIMG1113.JPG


CIMG1046.JPG


直接的に人を喜ばすことのできる
商品販売やサービス業ではないし

目にも見えず
しかも一瞬で消え去ってしまうという

とても儚いものだけれど。
 
 
皆さまの内に
いざないと余韻を残していることを願いつつ 
 
  
今回もこの儀式の場に
足を運び共有してくださったこと

こころより感謝御礼申し上げます。
 
 
また次なる物語へと歩み出します。
   

CIMG1158.JPG


posted by 千晴 at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック