2016年07月26日

目覚めへの案内者


自転車で通りがかった桜並木。
途端に蝉の大大大合唱に包まれる。

 
一瞬にして、頭が「わーーーーん」となって
 
《時間》 が止まり
 
意識が
 
《いま》 という無の領域、
 
本来の領域へと連れ戻される。
 
  
何年もの間、
 
土の中で地球のエネルギーを蓄えて
 
地上に現われてからの数日間は
 
全身を震わせてそのエネルギーを放射し
 
あの大きな気持ちのいい鳴き声と周波数を
 
地上の生命たちに与えてくれる。
 
 
蝉。
 
ああ、なんという存在だろう!
  
 
ともすると《いま》 を忘れ、
あれやこれやと思考の幻想に飲み込まれてしまう私たちを
 
いつもほんとうの位置に戻してくれる。
 
 
彼らはきっと
 
目覚めへの案内者だ。
 

img_0.jpg



posted by 千晴 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック