2016年05月26日

「悲しみ」を味わう

この記事に出会ったのは一年前の今日だったのか・・・


■ 聖母マリア「自分自身とのつながりを・・・」

 
昨夜はまだ奥のほうに残っていた感情が出てきて
いっぱい泣いた。
  
「いい妻」、「いい母」、「いい人」・・・そしてとうとう
「いい子」でいようとすることも辞めてしまったけれど。
 
 
悲しみと罪悪感。
  
まだまだこびりついていた感情が
出てきたんだね。
  
逃げずに向き合って、めいいっぱい味わったら、
今朝はまた、新しい朝がきたよ。
 
 
 
 悲しみとつながり、悲しみの感情を味わってください。
 
 この小さな子どもを救えるのは、
 あなたしかいないことを知ってください。
 
 子ども時代の感情は今も、ダイレクトに、
 あなたの心に鳴り響いているのです。
 
 ・・・
 
 親は、あなたに対して不満を持っていたのではなく、
 自分自身に不満だったのです。
 
 親や他人の不満に対して、
 あなたが責任を感じる必要はもうないのです。
 
 そして親もまた、あなたの今の苦しみに対して、
 責任を取ることはできないのです。


  
 



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 響いた言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック