2006年01月16日

ツイてるっ!

 2006年が始まりました。
 皆さま、明けましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m


 さて、本年最初の *アトガキコラム* は、
 「ことばの家」にふさわしいテーマでいってみようと思います。
 
 それは、ズバリ・・

  「すべての出来事は“ことば”が作る」

 ということについてです。
 これって皆さんにとってはリアリティーがあるでしょうか?


 年末のことですが、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という本に出会いました。
 これは、ある一人のサラリーマンの方の体験が語られたものなのですが、

  ありがとう、感謝します、運がいい、ツイてる!などのことばを
  意識的に使っていると、ほんとうにそういうものを引き寄せるのだ、
 
 ということが書いてありました。
 逆に、汚い言葉や、運が悪い、ツイてない、などのことばを使っていると、
 その人はその通りの人生を歩んでしまうと・・・

 実際、この本自体がなにか熱い輝きを持っていて、
 読んでみるととても感動して、こころが生き生きとしてくるのです。
 私は、これはきっとまことのことだ、と強く思いました。


 それ以来、何かと「ツイてる」を連発する毎日が始まりました。
 特にトホホと思われるような出来事が起こったときにこそ、
 この一言を、軽快に♪発するのです。
 
 たとえば、お皿を割ってしまったとき、お茶をこぼしてしまったとき・・
 今日などは、年賀状のお年玉くじのチェックをしながら、ハズレる度に
 「ツイてる♪」と連発していました。(←すべてハズレてましたが^^;)

 そして夜のお休み前には、その日一日を振り返りながら、こころから、
 「ありがとう」と「感謝します」を発します。

 すると、やっているうちに、起こる出来事のトホホ具合が、
 なぜかどんどん大きくなってきているのですが、
 それでも、たとえ涙がチョチョ切れてしまうようなときでも、
 「ツイてる♪」を連発していると、
 不思議と前向きないい空気が湧いてくるのです。
 それにほんとうにツイてることを見つけられるようにもなってくるし。


 そして、そんな日々を過ごしながら、ある人が教えてくれた、
 こんなメッセージも思い出しました。


  「ある人の周りに、その人を心配する人がいればいるほど、
   その人は不幸になってしまう。」


 皆さんは、心配すること、されること、どちらが多いですか?

 身近にいる人、気になる人、大切にしたい人・・・
 自分だけではなく周りにいる人のことも、心配するのではなくて、
 応援してあげる。
 そんな意識で見守ってあげることができたら、その人はきっと
 本当に幸せになるんだろうなって思います。


  「すべての出来事は“ことば”が作る」。


 皆さんも、今年は私とご一緒に、
 ツイて、ツイて、ツキまくる一年にしませんか〜!?笑


 追伸:
 前回のコラムで「癇の虫」情報をくださった方々、嬉しかったです☆
 ほんとうにありがとうございました〜!
 なんとその中に手当て法を伝授してもらったという方がいて、夏木も
 今度やってもらえることになりました♪
 わーい、わくわくだな〜!私たちってツイてるぅ〜♪


posted by 千晴 at 00:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | *アトガキコラム* | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック