2018年01月16日

何もしなくてもいい

どうやらわたしは今生に於いて
 
「今度こそ、この手足を使い
 具体的に何かを為して
 世界の、人の、お役に立ちたい!」
 
そんな情念を
強く抱いて生まれてきたようです。
 
 
おそらくそれは前世に於いて
 
神に仕える人生を送りながらも
同時に己の属する宗教が
戦争をも引き起こしていた事実に
 
深い自己矛盾や悔いを感じていたから。
 
 
だからこそ今度は
 
目に見えぬ祈りよりも、
目に見える確かな仕事をとおして
 
神さまよりも
人さまの
 
お役に立てる人間になりたかったのです。
 
 
けれども
そう想って頑張るほどに得たものは
 
相変わらず「役に立ちたい」だけの
「役に立てない」実感でした。;;
 
 
さらに最近、衝撃的な氣づきが!!
 
実はそんなわたしは
 
「行為」よりもただ「存在」によって
世界から愛されていたのです!
 
 
そして志事もやっぱりいつの間にか
人さまよりも神さまに耳を澄ますことを
選んでしまっていたのでした。。w
 
 
わたしはどうやら
ただこうしてここに「在る」だけで
よかったみたいだ・・
  
 
見える何かを為さなくとも
誰かの役に立たずとも
 
ただ「在る」だけで、愛されていたのだから。
 
 
そう、これまで夫や子どもたちに対しては
当たり前のように感じていたそれを
 
初めて自分自身にも
感じることができた瞬間でした。
 

IMGP0095.JPG

 
● 次回は 1/28(日) 
「丹生都比売・言語造形クラス」




posted by 千晴 at 22:17 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

こどもじかん

今日は子どものリクエストでアイススケートへ。
屋外で滑るのって氣持ちいいんだね〜♡
 
娘たちとのデート。
さいこうのしあわせ!
  
IMG_0933.JPG
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

「丹生都比売」言語造形クラス

KIMG2028_20170812113611.JPG


2017年8月に上演しました
演劇『丹生都比売』(にうつひめ)の脚本を使っての
「言語造形」クラスを開講しています。 


・身体による芸術表現に興味のある方

・古代日本の神々、歴史を体感してみたい方

・ことばの力、言霊の力を味わいたい方

・仲間と芸術における共同創造をしてみたい方

・演劇の醍醐味を体験してみたい方

・自己実現、自己表現を願っている方

・己の本質との出会いと変容を求める方
 
など・・・

 
IMGP0936.JPG


古事記や日本書記には登場しない
言霊の女神・丹生都比売さまとの出会いは
 
わたしたちに何をもたらし
どこへ導いてくださるのでしょう。
 
  
クラスでは和氣あいあいとした雰囲気のなか
それぞれの神さまとの交わりや繫がり
暮らしの中でのシンクロなどを自由に語り合い
 
仲間と氣づきを深め合う時間も大切にしています。
 

IMGP0999.JPG

  
是非ご一緒に
ことばの芸術「言語造形」と「演劇」の面白さを
体感してみませんか?

初めての方も、体験参加も大歓迎!
ピンときた、あなたのご参加をお待ちしております♪


DSC03461.jpg


日程:  毎月 第2土曜・第4日曜(予定)
     ※ 3月は第4も土曜日(3/24)となります
 
時間:  14時〜16時30分
 
場所:  ことばの家
     
講師:  諏訪千晴(言語造形家)
     
単発参加:  3,500円  
4回継続: 12,000円 (振替1回分付)
 
お申込: お問い合わせフォームより



 
 

 
 
 
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

新たな導き

『キリスト生誕劇』を終えた途端、
  
「神功皇后」&「応神天皇(誉田別尊)」親子、
そして「住吉大神」からの働きかけを
強く感じるようになりました。
 
神功皇后は、ご近所の住吉大社さんをはじめ
ご縁のある神社にはいつも祀られていて、
丹生都比売さまとも深いご関係のある御方。
 
新年の「きのくに神社巡りの旅」もことごとく
この方々と繋がっている神社ばかりでした。
 

・田殿丹生神社
  祭神:丹生都比売、大名草彦命(高野明神)
  建立:神功皇后
 
IMGP0082.JPG


・玉津島神社
  祭神:稚日女尊(丹生都比売)
     息長足姫尊(神功皇后)
 
IMGP0198.JPG


・塩竈神社
  祭神:塩土老翁(住吉大神)

IMGP0197.JPG
  

・志摩神社
  「紀三所社(きのさんしょしゃ)」の一社。
  神功皇后が三韓征伐に用いた船3艘を
  武内宿禰に祀らせた三社の一つ。
  
  境内社:宇佐八幡神社(応神天皇)
 
3f2499265d36786d30c3ae15caa7c00f.jpg 


なんだろう、氣になって仕方がありません。笑
 
さらに生誕劇の影響なのか、その背後には
マリアとキリストの氣配も感じるような・・
 
 
そんな今年も、
お導きのままに歩んでみようと思います♪
 
 
● 次回は 1/13(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」

posted by 千晴 at 19:53 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

あけましておめでとうございます

いよいよ平成30年となりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします☆
 
おおきな太陽と

IMGP0091.JPG


おおきな満月の導きから

IMGP0170.JPG


今年はどうやらモードチェンジの予感!?


IMGP0150.JPG



● 次回は 1/13(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | ショートメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

物語を孕む

16388366_364169810636235_6958166801148289905_n-COLLAGE-2.jpg
 

今年も言語造形をとおして
様々な舞台を経験させていただきました。
 
改めて振り返ってみると
 
すべての作品が
自らの意図を超えて
 
向こうからやってきていたことに
氣づかされます。
 
 
きっとわたしは女性だから
作品を、物語の精神を
お腹に身篭るのだと思います。
 
精神の種をこの身に宿し、
つわりや陣痛も含めて全力で育んでゆくこと。
 
そして出産というひとつの結実をみる
舞台という体験。
 
ひとつひとつの作品から
たくさんのことを学ばせていただきました。
 
この旅路を共にした、愛しい作品たちよ
わたしの元に降りてくださって
 
ほんとうにどうもありがとう!
 
 
そして、この一年の芸術創造の場を
ともに創りあげてくださった
ライアー奏者の足利智子さん
 
写真に収め続けてくださった山本美紀子さん
 
共演者として、互いに励み合った仲間や家族たち
 
そして、聴き手として集ってくださった皆さま
 
 
ほんとうにどうもありがとうございました!
 
 
来年はいったいどんな物語がこの身に宿り、
産まれてゆくのかなー♪ (≧∇≦)
 
 
● 次回は 1/13(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

生誕劇2017、終演

IMG_0893-2.jpg


記念すべき第一回『キリスト生誕劇』。
  
おかげさまで無事に
終演することができました。
 
すべての導きが
神々の采配としか思えない瞬間の連続でした。
 
あまりにも大いなる存在たちのエネルギーが
 
あの舞台空間を
わたしたち役者の身体を
 
力強く通り抜けてゆきました。
 
懐かしさと新しさ
喜びと確かさに
深く包み込まれました。
 

26047363_1408612062583135_1087240564896059155_n.jpg


終演後、
会場に満ちていた熱と空気のなかで
 
自分たちはなぜこれを
何のためにやっていたのかが
 
ようやくはっきりと分かったのでした。
 
 
この日、すべての人のこころに
お生まれになったキリストの精神
その太陽の光と温もりは
 
子どもにも、そして大人にも
目には見えない大きなプレゼントを
与えてくださいました。
 
 
北海道に島根、滋賀や和歌山など
遠方から駆けつけてくれた友人たち
 
こころのこもった贈り物を
届けてくださった方々
 
寒い12月の夜に集ってくださった
すべての皆さま
 
さらにはいろいろな仕事まで
担ってくださった方々
 
そして、この9か月の間
一丸となって舞台創りに励んでくださった
出演者の仲間たち。
 
舞台のすべてを守り導いてくださった
神々や天使や星々、
草や水や木の根っこたち。
 
すべての方がたに
こころより感謝御礼申し上げます。
 
この一期一会を想いながら。
 

25994617_1614749498587000_4969132461820687060_n.jpg


● 次回は 1/9(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 公演レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

語るように歌う

2017年「キリスト生誕劇」のために
集ってくださった7人のメンバー。
 
お一人おひとりが
ほんとうに尊く高貴な魂で
 
まさしく「神がお遣わしになった方々」
と、稽古を共にするたびに感じていました。
 
彼女たちの存在が
サポート役のはずだったわたし自身を
優しくそっと、支えてくださいました。
 
 
そして、そんなメンバーのお一人には
役に加えて音楽の指導も担ってくださった
足利智子さんがいます。
 
 
彼女の歌の指導はほんとうに美しく、
繊細で、芸術的で、ファンタスティック!
 
劇中の19曲もの歌の数々が
彼女の導きでまるで魔法のように
ときめくものへと変容してゆきました。
 
 
特にこの劇においては
 
「語るように歌う」
 
ということを大切にされたとのこと。
 
 
それはまさに歌う言語造形で
音楽や歌というものに対する意識が
新たに大きく開眼されたのでした。
 
深い、深い喜びでした。
 
 
智子さんと
昨年、冬至の「おはなしペチカ」から
舞台という芸術の創造を共に歩めた一年間に
 
あらためて感謝と喜びが溢れます。
 
 
 
そんな素晴らしい方々との一期一会の舞台、
『キリスト生誕劇』。
 
いよいよ明日、クリスマスの夜に
皆さまと共に分かち合えましたら幸いです。
  
 
IMG_20171224_0002-1.jpg


●12/25(月)
ことばの家クリスマス公演「キリスト生誕劇 2017」
 
● 次回は 1/13(土) 
「丹生都比売・言語造形クラス」

posted by 千晴 at 17:48 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

内なる男と女

物心ついた頃から

わたしの内なる男(意識)は
内なる女(肉体)を支配し、酷使してきました。
 
社会的な価値観から
ジャッジしたり、無理や我慢をさせたり。
 
 
抗うことも休むこともなく
生き続けてくれているこの肉体に
 
感謝のひとつもせずに
当たり前のように動かし
 
さらに男(意識)が苦しいときなどは
女(肉体)を捨てて楽になりたいとまで
思うこともありました。
 
 
今回の冬至の前に浮上したのは
そんな女(肉体)の積もりに積もった
男(意識)に対する感情だったのです。
 
 
内なる男(意識)は深く深く
お詫びをしました。
 
 
「長い間、あなた(肉体)を
 当然のようにこき使ってしまってごめんね。
  
 これからは
 男(意識)のエゴイスティックな都合のために
 動かすのではなく
  
 女(肉体)がより健やかに喜びに在れるために
 あなたを照らし温める光として
  
 この力を使ってゆきます。」

 
 
 
外なる光が弱まる冬至の季節。
 
内なる光が強まったおかげで見えてきた
この氣づきは
 
「わたし」というひとつの小宇宙にとって
とても大切なものでした。
 
 
IMG_20170607_0002-2.jpg


● 次回は 12/24(日) 
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
●12/25(月)
ことばの家クリスマス公演「キリスト生誕劇 2017」
 
posted by 千晴 at 08:11 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

心臓の結び目

冬至を控えているせいか、
ここのところ理由もなく
 
虚しさや、悲しさ、淋しさのような感情が
身体を吹き抜けていた。
 
なんとなく
個人的なものというより
集合的な意識というような感覚があったが
 
理由が分からなくて苦しかった。
 
 
すると今朝、
目覚める直前の夢のなかで
 
ついにその感情の根っこを
認識することができた!
 
 
それは心臓の奥にある
結び目だった。
 
まさしく秋ペチカで語った「魔法の鏡」の
ジロラモ王子のように・・・
 
硬直し、閉じて、冷たくなっていた。
 
 
今生では父親との関係に於いて
生じたものに見えるが
 
もしかしたらもっと以前の人生から
抱えていたものなのかもしれない。
 
 
己の心臓の結び目を
自覚する。
 
それだけで
何かから解放された氣がした。
 
 
新月からのギフトだったのかな?
 

73257919_o1.jpg
 
 
画像は「生誕劇」の仲間がくださった
『結び目を解くマリア』。
 
 

● 次回は 12/24(日) 
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
●12/25(月)
ことばの家クリスマス公演「キリスト生誕劇 2017」



posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする