2017年10月13日

大海さまの例祭へ

今日は愛する大海(おおわだつみ)神社の
年に一度の例祭へ
初めて参加してみました。
 
いつもは大抵一人きりで憩っているこの空間に
 
おおわだつみの神さまを大切にされている
たくさんの人が集い
祝詞や舞を奉納する様子
 
また
先月の月次祭で初めてお会いした女性とも再会し
神々とリアルに親しく交わられているそのお姿に
 
胸が熱くなりました。
  

image-32.jpeg 
※ 写真はお借りしました


しかも近いうちに
住吉大社の摂社であるこの大海神社でも
「龍宮講」発足の熱があるとのこと。
 
ネーミングにきゅん♡(≧∇≦)
 
この神社を大切にする人が少しずつ増えてきて
神のエネルギーも強まっているとの宮司のお話が
印象的でした。
 
 
丹生都比売さまともご縁の深い
おおわだつみの大神さま。
 
ますます大切に繋がってゆきたいと思いました。
 
 
 
● 次回は10/22(日)!
「丹生都比売・言語造形クラス」

  
● 11/19(日)
「秋のおはなしペチカ」
ミヒャエル・エンデの贈りもの
 

 
  

posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

母のような女神

こころを決めて
 
勇氣を出して
 
行動したら
 
 
いつもタイムリーに
 
応えてくださる
 
丹生都比売(にうつひめ)さま。
 
 
その深い愛に
 
思わず泣きそうになる
 

CIMG2973.JPG

 
厳しくも優しい
 
母のような女神さまだって
 
宮司もたしか
 
仰っていたかしら
 
 
 
● 10/14(土)
「丹生都比売・言語造形クラス」

  
●11/19(日)
「秋のおはなしペチカ」
ミヒャエル・エンデの贈りもの




posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

天使のお誘い

小さな天使さんから
デートのお誘いがありました。

 
自分で作ったお弁当を持って

IMGP0563.JPG


彼女のお氣に入りの場所へ
連れて行ってくれました。
 
IMG_0693.JPG


バトミントンで遊んだり
昼寝中のママの絵を描いてくれたり

IMG_0696.JPG
 

大地と太陽と木々たちの間で
天使さんの温かな愛のエネルギーを
たっぷりといただきました。

IMG_0714.JPG
 

かさね、今日は素晴らしい一日を
ほんとにどうもありがとう!


IMG_0702.JPG 
 

 
●11/19(日)
「秋のおはなしペチカ」
ミヒャエル・エンデの贈りもの 

 
 
● 次回は 10/14(土)
「丹生都比売・言語造形クラス」
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

エンデを言語造形します!

11月19日(日)
「秋のおはなしペチカ」を開きます!
  
今回はドイツの童話作家
ミヒャエル・エンデの作品たちを語ります。
 
  
『モモ』、『はてしない物語』・・
 
子どものときに出会って以来
こころの奥にずっと生き続けている登場人物たち。
 
彼の作品にはそんな
深いところに響くものがあります。
 
 
愛とユーモアと叡智に満ちた
エンデの世界を
 
「言語造形」の語りによって
空間に豊かに立ち上げてゆきます。 
 
足利智子さんによる
ライアーの妙なる響きとともに♪
 
 
美しく心地よい秋のひとときを
是非、ご一緒しませんか♡
 
 
●11/19(日)
「秋のおはなしペチカ」ミヒャエル・エンデの贈りもの 

 
posted by 千晴 at 17:58 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

11/19(日)『秋のおはなしペチカ』.005


秋ペチカ.005-b.jpg

秋のおはなしペチカは
 
ドイツの童話作家「ミヒャエル・エンデ」の生誕を祝います。
 
 
エンデの作品のなかでも有名な 『モモ』 に登場する
 
少年ジジの語った「魔法の鏡」。
 
 
人々が “ 空想 ” と呼ぶ
 
その物語の世界には
 
 
人のこころを健やかにする
 
豊かな宝物が溢れています。
  
 
 
美しい秋のひととき
 
心身を癒すライアーの音色と
 
言語造形によるミヒャエル・エンデの物語で 
 
こころを満たしてみませんか。
 
 
 
●演目

「魔法の鏡」(『モモ』より)
「おこぶちゃん」
 その他


●語り 

諏訪千晴 (言語造形家)
諏訪夏木 (小学六年生)
諏訪かさね (小学三年生)
 
 
●音楽 

足利智子 (タオ、タリタ、ティラルライアーetc)


●日時 

11月19日(日)
14:00〜15:30 予定

 
  
●場所 

ことばの家 
 南海本線「帝塚山」駅 徒歩5分
 阪堺上町線「姫松」駅 徒歩5分
 
  
●入場
 
大人: 
予約 2500円  当日 3000円
 
小学生以上:
500円 
 
(お茶とお菓子付き)
 
 
●定員 
 
20名  要予約 (事前振込制)
 
 
●お申込み
 
こちらのから
(paypalクレジット決済)
 
 
または下記口座へのお振込みも可能です。
 
◎ゆうちょ銀行  
 記号 10260 番号 28889041 
 諏訪 千晴(スワ チハル)
 
 

振込みの確認をもって、
ご予約完了とさせていただきますので
その際にはご一報ください。
  
 
posted by 千晴 at 20:57 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

「型」と「自由」


『 「型破り」か、「型無し」か 』
 
ある和太鼓奏者さんから伺ったことば。
 
言語造形という道を歩んできた自分にとっては
とてもリアリティのある感覚。
 
 
そう、真の「自由」とは
「型」を通してこそ体現できるという
 
パラドックス。
 

20170318_inoueyatiyo_4.jpg 


型とは
自然の法則、美の秩序なんだ。
 
植物や動物たちが美しいのは
神の創られた秩序の中に在るから。
  
 
ただ人間だけが
「無秩序」を創りだすこともできるけど
 
実はそこには
自由も美もなくて。
 
 
無秩序な「形無し」よりも
型を通してこそ至れる自由と美しさへの道を
 
わたしは歩んでゆきたい。
   
  
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」


posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

飛鳥の女神たち

宇須多妓比売(ウスタキヒメ)さま
加夜奈留美(カヤナルミ)さま
そして丹生都比売(ニウツヒメ)さま。
 
 
飛鳥の神奈備の川上に坐す
三人の水の女神たちに
会いに行きました。
 
 
あまりにも濃厚な空間に
どっぷりと潜り込んで
 
帰宅後は倒れ込むように眠ると

その夜は大阪でも
朝方まで大雨の流れゆく音。

浄化。 
 

IMGP0458.JPG
  
 
またひとつ
新たな領域に招かれ
 
魂を洗い流し

今日という一日が始まります。
 
 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」
 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

回り歌

今日はまた
特別な優しさで迎えてくれた
カナサキのお翁さん♡
 
本殿の奥から、そして足下から
心地よい風が吹き抜けてゆきました。
 
 
 なかきよの 
 
 とおのねふりの
 
 みなめさめ
 
 なみのりふねの
 
 おとのよきかな
 
 
 長き夜の 
 
 遠の眠りの 
 
 皆 目ざめ
 
 波乗り船の 
 
 音の良きかな
 
 
海上で高波を静めたという
カナサキさんの回り歌(回文の和歌版)を
捧げました。
 

IMG_0649.JPG


帰りの鳥居には
五羽の鳥さんがお見送り♡ (≧∇≦)
 
やっぱり大好き!
 
 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」

 
posted by 千晴 at 21:33 | Comment(0) | 気づきの日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

導きの秋分

秋分の日は、足利智子さんの
「世界の輪唱&北欧伝承歌krajaを歌う会」へ♪
 
さらにその前後には、今、ともに
「丹生都比売」衝動に突き動かさている
新たなお仲間と、夫も交えて居酒屋さんへ♡ 
 
普段はお互いに家族があり、子どももいるのに
その日は思いがけずに「ぽんっ」と時間が与えられて・・
 
 
そして今日は
二回目の「丹生都比売・言語造形クラス」。
 
初回は、横浜から、
今回は、岐阜から、名古屋から、
 
ご参加くださる方がいらしたので(涙)
動機を伺ってみると・・・
 
皆さん
「なぜか直観的に来ました!」と。^^
 
 
そうなんです。
 
どうやらこの「丹生都比売」衝動は、
個人の小さな頭で理解できるものではなく
 
直観と、ハートの素直なときめきから
やってくるようなのです。
 
 
わたし自身も、再演に向けての全体像が
まだ全く見えない中で
 
それでも何かに突き動かされながら
 
いつも絶妙なタイミングで運ばれてくる
様々な出来事に
 
ひとつひとつ丁寧に向き合っている感じです。
  
 
妙なる出会いとご縁によって
喜びと、ときめきと、感謝が溢れる秋分です。
 

21175834_1998659990413146_1373718403_n.jpg
写真は、丹生都比売が初めて降り立ったという和歌山・天野の「奥の沢明神」にて。

 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」


 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

家族と言語造形

「次の 『おはなしペチカ』 に出演する人〜!?」
 
ソファで本を読んでる娘たちに向かって
呼びかけてみる。
 
「はいっ!」と真っ直ぐに手を挙げたのは
9歳の次女。
 
「んー、、どうしよっかな・・」
と言いつつ、結局そ〜っと手を挙げたのは
12歳の長女。^^
 
 
11月19日(日)、
秋の『おはなしペチカ』のテーマは
ミヒャエル・エンデ。
 
それから彼女らが語る作品の最終決定に向けて
あれやこれやと女子会議♪
 
すると父さんがおもむろに
「こんなのもあるよ」と
エンデの詩を紹介してくれたり。
 
 
ああ、こんな光景って・・・
 
なんだか胸が熱くなる。
 
 
この大阪で
夫が一人ではじめた言語造形を
 
今では家族みんなが愛していて
 
わくわくしながらそれぞれの
語りたい作品を選んでる・・
 
 
わたしたち家族のなかにはいつも
芸術がある。
 
 
豊かだな♪
 
ありがたいな♪
 
 
IMGP7634.JPG

 
● 次回は10/14(土)!
「丹生都比売・言語造形クラス」

 
posted by 千晴 at 00:00 | Comment(0) | 言語造形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする